乗り物

乗り物関連の記事はこちら。

  1. アメリカ発のイケてるe-bikeブランド「Benno」のカーゴバイクが日本にやってくる!

    アメリカ発のe-bikeブランド「Benno」が、2020年に日本に上陸します。昨日お伝えしたフラン…

  2. “口ひげ型”のハンドルが個性的、フランス生まれのe-bike「Moustache」が日本上陸

    フランス発のe-bikeブランド「Moustache(ムスタッシュ)」が2020年モデルで日本上陸し…

  3. デイトナの電動アシストミニベロ「DE01X」「DE03」に試乗した感想

    9月28日~29日にLORO馬車道さんで開催されていた試乗会で、デイトナの電動アシスト自転車「DE0…

  4. 欧州仕様のe-bikeにあるウォークアシスト機能とは?

    日本仕様と欧州仕様のe-bikeシステムの違いは、上限速度や出力の違いだけではありません。実は、日本…

  5. BOSCH製ユニット搭載の手頃なe-bike、「TREK Verve+」をゆるっと解説

    2018年に、TREKが日本向けe-bikeの第1弾として投入したモデルが「Verve+」。BOSC…

  6. フルサスeMTBの最高峰、85万円の「eONE-SIXTY 9000」をゆるっと解説

    街乗り向けから本格的なeMTBまで、幅広くe-bikeをラインナップしているMERIDA。その中でも…

  7. STEPS E8080を搭載したクロスバイク、ミヤタのe-bike「CRUISE」をゆるっと解説

    シマノのe-bikeシステム「STEPS」が日本に上陸したとき、最速でSTEPS搭載モデルを発表した…

  8. シマノのe-bikeシステム「STEPS」ラインナップ(日本/2019年9月版)

    シマノは、欧州市場では2014年からe-bike用ユニットシステムを供給しています。そして、満を持し…

  9. 美しいY字型フレームのフラッグシップe-bike、「BESV LX1」をゆるっと解説

    e-bike専門ブランドのBESV(ベスビー)は、ロードバイク、クロスバイク、ミニベロ、MTB(ハー…

  10. BESVらしいデザインはそのまま、折りたたみe-bike「PSF1」をゆるっと解説

    BESVの20インチミニベロ「PS」シリーズ。アルミフレームの「PSA1」とカーボンフレーム「PS1…

  11. 日本の電動アシストに関する規制は本当に海外よりも厳しいのか?

    電動アシスト自転車やe-bikeは、日本では「道路交通法施行規則」というルールの中で性能の上限が決め…

  12. カーボンフレームの軽量ミニベロe-bike、「BESV PS1」をゆるっと解説

    e-bike専門ブランド「BESV」(ベスビー)のミニベロ3兄弟、「PS1」「PSA1」「PSF1」…

  13. e-bike専門ブランドが送る独創的なミニベロ、「BESV PSA1」をゆるっと解説

    e-bike専門ブランドのBESV(ベスビー)は、PC用の液晶ディスプレイなどで有名なBENQグルー…

  14. BOSCHのe-bikeシステムラインナップ(海外/2019年9月版)

    日本でもTREKやBianchi、Ternなどが販売している「Bosch eBike Systems…

  15. 「e-bike」と日本的「電動アシスト自転車」の違いはどこにあるのか?

    e-bikeブームの起点は欧州市場ですが、その一方で日本にはもう30年近くも前から電動アシスト自転車…

  16. 驚異の航続距離225km、GIANTのe-bike「ESCAPE RX-E+」をゆるっと解説

    GIANTが2018年秋に発表した「ESCAPE RX-E+」は、クロスバイクの定番「ESCAPE」…

  17. 「Performance Line CX」が来た!TREKのe-bike「Allant+ 8」をゆるっと解説

    TREKの2020年モデル「Allant+ 8」は、BOSCHの新型「Performance Lin…

  18. TREKが2020年モデル「Allant+ 8」を発表!BOSCHの新型ユニットを初搭載

    TREKは、クロスバイクタイプの新型e-bike「Allant+ 8」「Allant+ 8 Stag…

PAGE TOP