• HOME
  • レビュー
  • OPPO A54の性能・評判・レビュー【Redmi Note 10 JEとも比較】

OPPO A54の性能・評判・レビュー【Redmi Note 10 JEとも比較】

SIMフリー版もキャリア版も用意されているOPPO A54。
大容量バッテリーを搭載し、メインカメラは1億8,000万画素の超解像度で撮影ができる機能が搭載されています。

日常使いでストレスを感じることなく使えるのに、価格がお手頃なので注目したい高コスパ機種です。

今回は、OPPO A54の性能・評判はもちろん、Redmi Note 10 JEとの比較もしていきます。

ぜひ、機種変更や端末購入の際の参考にしてみてください。

OPPO A54のスペック・おすすめポイント

出典:au

では、OPPO A54のスペックを確認していきましょう。

OPPO A54は、中国の「OPPO」から発売されているエントリースマートフォンです。

3万円を切る本体価格ながら、約5,000mAhの大容量バッテリーを搭載
マクロ撮影にも対応した4眼カメラに5G対応とコスパ抜群の機種です。

【OPPO A54のおすすめポイント】

  • 3万円以下で購入可能
  • マクロ撮影にも対応している4眼カメラ
  • 約5,000mAhの大容量バッテリー
OPPO A54のスペック
画面サイズ 約6.5インチ
本体サイズ 横幅:約75mm
高さ:約163mm
厚み:約8.4mm(最厚部10.2mm)
重さ 約190g
カラー ファンタスティックパープル
シルバーブラック
RAM 4GB
ROM 64GB
CPU(SoC) Qualcomm® Snapdragon™ 480 5G
ディスプレイ TFT-LCD
アウトカメラ 約4,800万画素/約800万画素/約200万画素/約200万画素
インカメラ 約1,600万画素
バッテリー 5,000mAh
防水・防塵 ×
おサイフケータイ ×
生体認証 ◯(指紋/顔)

 

CPU

出典:au

OPPO A54で採用されているCPUは、  Snapdragon 480 5G。

ハイスペックモデルに採用されているSnapdragon 888や、ミドルレンジに使用されているSnapdragon765には及びませんが、「LINEやネットサーフィンがメイン」という使い方で困ることは無いです。

重たいゲームを頻繁にプレーするというような使い方をしなければ、充分満足できる性能になっています。

画面・本体サイズ

出典:au

OPPO A54のディスプレイサイズは、約6.5インチ。YouTubeなどの動画視聴時には、画面が大きく観やすいサイズ感です。

横幅は約75mmと大きめなので、片手操作をしたいという方にはおすすめ出来ないサイズ感になっています。

ディスプレイ

出典:OPPO

OPPO A54のディスプレイは、TFT-LCD
有機ELディスプレイのように、ディスプレイ自体が発色するというものではなく、バックライトが光源になっているTFT-LCD。

TFTディスプレイは、従来のディスプレイより応答速度が速く、コントラストが高いので、色の濃淡を上手に表現できるというメリットがあるようです。

重量

出典:OPPO

OPPO A54の重量は約190g

スマホの平均は約170gなので、「少し重いかな」と感じる機種です。

ただし、似た様な性能のXiomi Redmi Note 10JEや人気のiPhone13 Proはおおよそ200g前後あるので、特別重いわけではありません。

カメラ

出典:OPPO

OPPO A54のカメラは、約4,800万画素のメインカメラ+約800万画素の超広角カメラ+約200万画素のマクロカメラ・モノクロカメラの4眼です。

約4,800万画素のメインカメラは、超解像度モードで約1億8,000万画素相当に変更しての撮影が可能
拡大した際も細部までぼやけることがなく、クリアな写真が保存可能です。

また、約4cmまで寄っても撮影できるマクロカメラや、ウルトラナイトモードで光の加減を調整した綺麗な夜景撮影も簡単にできます。

防水・防塵

出典:au

OPPO A54は、防水・防塵に対応していません

防水・防塵が欲しい方は、同じ価格帯のXiomi Redmi Note10JEをおすすめします。

おサイフケータイ・生体認証

出典:au

OPPO A54は、おサイフケータイは非対応です。

生体認証は、顔認証・指紋認証の2つに対応しています。

指紋認証は、スリープ解除ボタンに内蔵されているタイプです。

Redmi Note 10 JEとの比較

出典:au

同じ価格帯で、サイズ感もよく似ているRedmi Note 10 JEと比較していきます。

【Redmi Note 10 JEとの比較】

  • 防水・防塵・おサイフケータイ非対応
  • カメラ性能
  • バッテリー容量が約200mAh多い
OPPO A54 Redmi Note 10 JE
価格 28,765円(au版) 28,765円(au版)
画面サイズ 約6.5インチ 約6.5インチ
本体サイズ 横幅:約75mm
高さ:約163mm
厚み:約8.4mm(最厚部10.2mm)
横幅:約76mm
高さ:約163mm
厚み:約9.0mm(最厚部10.3mm)
重さ 約190g 約200g
カラー ファンタスティックパープル
シルバーブラック
クロームシルバー
グラファイトグレー
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
CPU(SoC) Qualcomm® Snapdragon™ 480 5G Qualcomm® Snapdragon™ 480 5G
ディスプレイ TFT-LCD(FHD+) FHD+
アウトカメラ 約4,800万画素/約800万画素/約200万画素/約200万画素 約4,800万画素/約200万画素/約200万画素
インカメラ 約1,600万画素 約800万画素
バッテリー 5,000mAh 4,800mAh
防水・防塵 × ◯(IPX8 /IP6X)
おサイフケータイ ×
生体認証 ◯(指紋/顔) ◯(指紋/顔)

Redmi Note 10 JEとサイズ感・本体価格はほとんど同じ。

大きな違いとしてOPPO A54は、防水・防塵・おサイフケータイに非対応ですが、Redmi Note 10 JEは対応しているといった点です。

また、OPPO A54は超広角カメラを含む4眼カメラが搭載されていますが、Redmi Note 10 JEは3眼カメラ。
解像度を変更することで細部まで鮮明に写真撮影ができるOPPO A54の方がカメラ性能は上となっています。

Redmi Note 10 JEの詳しい性能はこちらをご確認ください。

シャオミ/Redmi Note 10 JEの性能・評判・レビュー【他コスパスマホと比較】

Xperia 10Ⅲ Liteとの比較

出典:au

では次に、Xperia 10 Ⅲ Liteとの比較をしていきます。

【Xperia 10 Ⅲ Liteとの比較】

  • RAM容量
  • CPU性能
  • バッテリー容量
  • 防水・防塵・おサイフケータイ対応
OPPO A54 Xperia 10 Ⅲ Lite
価格 28,765円(au版) 46,800円(楽天版)
画面サイズ 約6.5インチ 約6.0インチ
本体サイズ 横幅:約75mm
高さ:約163mm
厚み:約8.4mm(最厚部10.2mm)
横幅:約68mm
高さ:約154mm
厚み:約8.3mm(最厚部9.1mm)
重さ 約190g 約169g
カラー ファンタスティックパープル
シルバーブラック
ブラック
ホワイト
ブルー(楽天のみ)
ピンク(楽天のみ)
RAM 4GB 6GB
ROM 64GB 64GB
CPU(SoC) Qualcomm® Snapdragon™ 480 5G Qualcomm® Snapdragon™ 690 5G
ディスプレイ TFT-LCD(FHD+) 有機EL トリルミナス ディスプレイ
アウトカメラ 約4,800万画素/約800万画素/約200万画素/約200万画素 約800万画素/約1,200万画素/約800万画素
インカメラ 約1,600万画素 約800万画素
バッテリー 5,000mAh 4,500mAh
防水・防塵 × ◯(IPX5/8 /IP6X)
おサイフケータイ ×
生体認証 ◯(指紋/顔) ◯(指紋)

Xperia 10 Ⅲ Liteは、横幅が約68mmとコンパクトな為、女性でも持ちやすく片手操作ができるサイズ感
また、重さはOPPO A54より約20g軽くなっています。

OPPO A54にはない防水・防塵・おサイフケータイに対応しており、本体のカラー展開も豊富で使いやすい機種です。

OPPO A54の口コミ

良い口コミ

ディスプレイの発色や、バッテリー持ちは満足という声があります。

悪い口コミ

OPPO A54のカメラはAI補正が弱いといった口コミですね。

まとめ

【OPPO A54がおすすめな方】

  • 防水・防塵・おサイフケータイが不要という方
  • 低価格でカメラ性能にこだわりたい方
  • 大容量バッテリー機種をお探しの方

ここまで、OPPO A54の性能・評判・他機種との比較を解説してきました。

エントリースマホですが、超解像モードで1億8,000万画素での撮影が可能であったり、約5,000mAhの大容量バッテリーを搭載していたりと日常使いで困ることはない機種に仕上がっています。

防水・防塵・おサイフケータイはなくても良いという方、ネットサーフィンやLINEが主なスマホの使い道という方は一度検討してみてはいかかでしょうか。

関連記事