• HOME
  • ガイド
  • 【キッズ携帯とキッズスマホの違い】できる・できないことを徹底解説

【キッズ携帯とキッズスマホの違い】できる・できないことを徹底解説

「そろそろ子どもに携帯を持たせたいけど、キッズスマホとキッズ携帯は何が違うのだろう・・」「キッズスマホとキッズ携帯どっちがベストなのかな」とお悩みの保護者の皆さん。

進級時や習い事を始めるタイミングで、携帯を持たせようかどうか迷いますよね。

そこで今回は、キッズ携帯とキッズスマホで「何ができて何ができないのか」を徹底的に解説していきたいと思います。

ぜひ機種選びの参考にしてみてください。

キッズ携帯とキッズスマホの大きな違い

キッズ携帯とキッズスマホの違いは、「インターネット通信が出来るか・出来ないか」の違いもっと簡単にいうと、ガラケー(キッズ携帯)なのか、スマホ(キッズスマホ)なのかの違いです。

キッズスマホでは、LINEや調べ物ができますが、キッズ携帯は通話のみとなっていることがほとんど。

また、キッズ携帯はほとんどの機種がカメラ機能がありません。

キッズ携帯 キッズスマホ
通話 連絡先登録者のみ発着信可能 通常のスマホ同様、自由に発着信可能
操作方法 タッチパネル タッチパネル
Eメール 不可 可能
SMS 可能 可能
カメラ ほとんどの機種で不可 可能
インターネット 不可 可能
防犯ブザー あり あり
GPS あり あり

 

防犯対策をしたい場合はキッズ携帯がおすすめ

「防犯対策」という目的が最優先なのであれば、キッズ携帯がおすすめです。

キッズ携帯は、保護者のスマホに設定をすれば、ワンタップで居場所がわかるGPS機能が付いています

また、危険を感じた時に、防犯ブザーを鳴らせばセコムが駆けつけしてくれる安心機能があり、万が一の場合にも役立つでしょう。

ワンタップで居場所確認が可能

出典:https://www.anshinnavi.auone.jp/static/product/pctop/index.html?gclid=EAIaIQobChMIyr-GkrCK9AIVJNWWCh17XwG7EAAYAiAAEgKvi_D_BwE#

保護者のスマホとキッズ携帯をあらかじめ連携させておくと、保護者が居場所を探したい時にワンタップで検索が可能です。

例えば、auのあんしんナビだと「いますぐサーチ」「みまもりサーチ」「見つけておしらせ」といったような検索方法があります。

ますぐサーチ

現在の居場所をリアルタイムで確認したいときに使用します。

保護者ページから「いますぐサーチ」をタップすれば、数秒で地図が表示され居場所の確認が可能です。

みまもりサーチ

「寄り道せずに習い事の場所まで辿り着いたのかな・・」という時に便利なのが「みまもりサーチ」。

出発してからの移動経路を地図で表示してくれ、ちゃんと目的地に到着したのかを確認できます。

見つけておしらせ

あらかじめ設定しておいた場所に近づいた時に、保護者のスマホにお知らせがいくように設定ができます。

近づいてほしく無い場所を登録しておけば、お知らせを見て連絡をするといったことが可能です。

セコム駆けつけ

出典:https://www.855756.com/mobile-mamorino/

あらかじめ設定をしておくと、お子様が防犯ブザーを鳴らした時に、キッズ携帯にセコムから連絡が入り、応答がないと現場に急行してくれる駆けつけサービスがあります

もちろん、保護者のスマホにも連絡が入るようになっているので、どこで危険なことがあったのかを確認することができます。

ハンズフリー通話

出典:https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/mamorino5/function2.html

子どもに携帯を持たせたはいいものの、「電話を架けたのに、遊びに夢中で出てくれない」といった困りごとがあります。

そんな時でも、自動的に電話が繋がるハンズフリー通話機能があり、周りの音が聞こえるので、状況の把握だけでも出来るので安心です。

キッズ携帯でおすすめなのは「au mamorino5」

出典:https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/lineup/mamorino5/

auのmamorino5は、上記で紹介したGPS検索機能はもちろん、セコム駆けつけ、ハンズフリー通話と保護者の方が安心できる機能が充実

使用するお子様の年齢が小学生以下であれば、月額550円〜使用ができ、手頃な値段で使用できます。

保護者のスマホがauでなくても、単体で契約することができます。

居場所も探せ、安心機能が充実しているので、キッズ携帯ならmamorino5をおすすめします。

LINEをしたい場合はキッズスマホがおすすめ

小学校高学年になったし、周りでスマホを持っている子が増えてきた。子どもが最近LINEをしたいと言っているけれど、また普通のスマホを持たせるのは不安・・。

このようなお悩みがある方は、キッズスマホを持つことをおすすめします。

実はキッズスマホといえども、普通のスマホとできることはあまり変わらず、LINEやネット検索、アプリのダウンロードができます。

もちろん、キッズ携帯同様GPSでの居場所検索も可能です。

ただし、安心機能として、フィルタリング機能や利用時間制限、アプリダウンロード時に許可がないとインストールできないなどの制限があるスマホとなっています。

お子様の年齢に合わせたフィルタリング機能

有害なサイトにお子様自身が気づかずにアクセスしてしまっていたり、不適切な検索ができないようにフィルタリングをかけることが可能です。

また、アプリのダウンロードも許可制にできるので、勝手にインストールしたり、課金することができないので安心して使用することができます。

利用時間制限

出典:https://tone.ne.jp/pickup/kids.html

あからじめスマホが使用できる時間を設定しておけば、時間外はスマホの操作ができなくなるように制限ができます

スマホをずっと触っているというような「スマホ依存」になることも未然に防ぐことが可能です。

歩きスマホ防止

つい、スマホに夢中になり歩きながらスマホを触っていて事故に遭う。ということが起きているのも事実です。

キッズスマホでは、歩きスマホを検知すると、画面操作ができないようブロックがかかるように設計されています。

キッズスマホでおすすめ機種は「トーンモバイル TONE e21」

出典:https://tone.ne.jp/pickup/kids.html

東京都などからお墨付きを得ている「トーンモバイル」。

面倒な設定いらずで、AIが自動でGPS検索ができるように設定してくれたり、不適切なサイトの閲覧を防止してくれる機能が備わっています

また、アプリごとに使用時間を制限することはもちろん、スマホ全体の利用時間を制限することで、スマホ依存になることも防げます

料金も月額1,100円〜と良心的な価格で使用できるのでおすすめできる機種です。

関連記事