• HOME
  • レビュー
  • 【2021年10月最新】au・ドコモ他、5Gホームルーターを徹底比較!

【2021年10月最新】au・ドコモ他、5Gホームルーターを徹底比較!

前回は、ホームルーターとは何か?という記事で紹介しました。

かんたんに言うとホームルーターとは工事不要、コンセントに挿すだけでWi-Fiが繋がるものです。

モバイルWi-Fiより電波が強力で、接続できる台数も40台と多いのも特徴でした。

現在、5Gに対応しているホームルーターが各携帯会社より発売されています。

そこで、今回はドコモ、au、SoftBankの5Gホームルーターについて紹介しますね。

価格や使い勝手にもしっかり書いていきます。

それでは、参りましょう。

 現在5Gホームルーターは3社発売している

現在、5Gホームルーターはドコモ、au、SoftBankの3社から発売しています。

5Gホームルーターという名前なので5G通信エリア外では意味ないと感じてしまいますが、どの会社も「5G対応のホームルーター」として発売されています。

つまり、4Gと5Gどちらの通信にも対応しており郊外に住んでいたり、田舎で住んでいても安心してる使うことができるのです。

大手キャリアが販売しているので、近くの携帯ショップで契約できます。

契約の簡単さや購入後すぐにインターネットを使えることから、最近人気になっていますよ。

 ドコモ au SoftBank 5Gホームルーターまとめ一覧

それぞれのホームルーターの特徴をまとめるとこうなります。

ドコモ au SoftBank
月額料金(税込) 4,950円 4,620円(割引有) 5,138円
データ容量 無制限 スタンダートモード 無制限 プラスエリアモード 30GBまで 無制限
通信速度 5G 下り4.2GB 上り218Mbps
4G 下り1.7GB 上り131Mbps
5G 下り2.7Gbps 上り183Mbps 4G 下り481Mbps
3日制限 今のところなし 3日で15GB なし
機種代金 39,500円(36ヶ月契約で実質0円) 39,600円(プラン割で実質無料) 58,320円(月月割は36ヶ月で実質無料)
最低契約期間 なし なし 2年(自動更新)
解約金(違約金) なし なし 10,450円
事務手数料(税込) 3,300円 3,300円 3,300円
スマホ割 月額–1,100円割引(条件あり) 最大月額–1,100円割引(auスマートバリュー) 月額–1,100円割引(条件あり)

となっています。

こう見ると、ドコモが優位になっていることがわかりますね。

しかし、住んでいる地域やどんな使い方をするかで求める速度は変化します。

選ぶときは口コミもチェックしておきましょう。

 ドコモ home 5G

ドコモは2021年8月下旬に5Gホームルーター「home 5G」を発売しました。

ドコモは全国で1番広い通信エリアを確保しているので、田舎や郊外でも安定して通信ができます。

そんなドコモから発売されている「home 5G」の詳しい内容について見てみましょう。

home 5Gの詳しいプラン
月額料金 4,950円
3日制限 今のところなし
機種代金 39,600円(36ヶ月払いで実質0円)
最低契約期間 なし
解約金 なし
事務手数料 3,300円(税込)
ドコモスマホ割 月ー1,100円
通信速度 5G 下り4.2GB 上り218Mbps
4G 下り1.7GB 上り131Mbps
データ容量 無制限

ドコモ home 5Gはサービス開始されて新しいので3日制限はまだありません。

また、最低契約期間や解約金もかかりませんのでいつでも止めることができますね。

次は、特徴について書いていきます。

 特徴1 ドコモなので通信エリアが広い

上記にも書きましたが、ドコモなので通信エリアが広いです。

スマホでドコモの電波を使うことができれば、ホームルーターも使うことができます。

田舎に行くとauやSoftBankの電波が入りにくいところもあります。

ドコモから出たホームルーターが出たのは嬉しいですよね。

 特徴2 データ制限は甘いかも

ホームルーターは、3日10GB制限があったりとデータ制限があるのですが、ドコモは甘いです。

公式ではデータ制限があると書かれています。

しかし、Twitterでの情報では本当に制限はあるの?と疑問視されています。

1日10GB使っていたユーザーも速度の変化はなく、データ制限はあるものの甘いようです。

今後、利用者数が上がっていくことでデータ制限がかかることもありますよ。

特徴3 ドコモ利用者はスマホ割りがある

現在、ドコモスマホを使っている人はスマホ割りがあります。

ドコモの契約プラン「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガライト(1GB超)」が対象になります。

毎月契約しているスマホ代金から1,100円割引になりますね。

ドコモユーザーなら、最安でホームルーターを持てるようになっています。

 au ホームルーター5G

auホームルーター5Gは、比較的安く契約できるホームルーターです。

通信制限はだんだん緩くなってきていますし、CM効果でauのホームルーターというのは聞いたことがある人も多いでしょう。

そんなauホームルーターの詳しい内容について紹介します。

auホームルーター5Gプラン
月額料金 5,170円(税込)
通信速度 5G 下り2.7Gbps 上り183Mbps
3日制限 15GB
機種代金 39,600円(プラン割で実質無料)
最低契約期間 なし
解約金 なし
事務手数料 3,300円(税込)
auスマホ割 最大ー1,100円(auスマートバリュー)
データ容量 スタンダードモード 無制限
プラスエリアモード 月30GB

プラスエリアモードは、30GB使い切ってしまうと翌月まで128kbpsに通信制限がかかります。

通信制限がかかったからスタンダードモードにしても通信制限は解除されないのでプラスエリアモードも使う時は、よく考えて使いましょう。

 特徴1 割引を使うと安く利用できる

auは、月額料金は月5,170円なのですが、割引を使うことで月額4,620円(税込)で利用可能です。

残りの2つの会社と比べると、約500円ぐらい安くなりますね。

制限をつけることで少し安く提供できるのですが、3日で15GBも使うことができますよ。

高いGB数を使うゲームを使用しなかったり、映画のダウンロードばっかりしなければ3日で15GBも使うことはありません。

特徴2 auスマホ割りがある

auもドコモと同じように、スマホ料金が1,100円割引できます。

auユーザーからすると、嬉しいですよね。

最大10回線に割引が適応できるので、家族でauを使っているときはとてもお得に利用できますよ。

特徴3 最低契約期間がない

こちらもドコモ同様に最低契約期間がありません。

最低契約期間がないし、解約金もいらないので余計なお金がかかる心配がありませんね。

しかし、3年内に契約を終了するときは、残った機種代金は払わないといけないので注意しましょう。

 SoftBank Air

SoftBank Airは、たくさんCMが流れているので名前だけでも知っている人も多いでしょう。

SoftBank Airも、4G /5G通信に対応しています。

そんなSoftBank Airの詳しく見てみましょう。

SoftBank Airの詳しい内容
月額料金(税込) 5,138円(通常)
3,168円(U25割適応時2年間)
通信速度 4G 下り481Mbps
3日制限 なし
機種代金 58,320円(税込)
最低契約期間 2年(自動更新)
解約金 10,450円
事務手数料 3,300円(税込)
SoftBankスマホ割 月額1,100円引き
データ容量 無制限

SoftBank Airは、まだ5G対応の機種が登場していません。

2021年10月に発売予定です。

現在、SoftBank Airを使っている人は無料で機種変更できるので発売されたらすぐに変えてみましょう。

 特徴1 悪評が多いが普通に使う分は問題なし

実は、SoftBank Airは通信速度が悪いと言われがちなのです。

しかし、それはAPEXなどのFPSゲームや夜19時〜23時は特に遅くなる傾向があるだけで日中やリモート会議等で普通に使う分は問題ありません。

ですが、少し使う人を選ぶホームルーターですね。

特徴2 解約金があるが対策はある

SoftBank Airは唯一解約金がありますが、初期契約解除制度が適応されます。

初期契約解除制度とは購入後8日以内に契約解除しても、解約金や機種代金を払う必要がない制度です。

もし、SoftBank Airを契約して通信が遅かった場合、すぐに解約することで損を回避できます。

こういう制度があるのは、ユーザーにとっては嬉しいポイントでもありますね。

 特徴3 キャッシュバックが高額

SoftBank Airの大きな特徴でキャッシュバックが高額であることです。

ホームルーターのキャッシュバックはモバイルWi-Fiとさほど変わらないのですが、SoftBankは光回線並みの高額キャッシュバックがあります。

しかし、キャッシュバックの条件もありますので契約するときはしっかり条件を見て契約しましょう。

 まとめ

今回は、【2021年10月最新】au・ドコモ他、5Gホームルーターを徹底比較してみました。

筆者がおすすめするのが、ドコモですね。

ドコモの通信エリアの広さは誰もが知っていますし、高速通信できるともあれば田舎や郊外であっても安定したネットライフが送れると思っています。

しかし、ドコモはサービスが始まったばかりなのでこれから利用者が増えると悪い契約条件になる時もありますので1つの参考程度に考えておいてくださいね。

関連記事