• HOME
  • ガイド
  • 5Gのエリアはいつから全国に?各キャリアのエリアを一覧で紹介

5Gのエリアはいつから全国に?各キャリアのエリアを一覧で紹介

どの携帯会社も5GのCMを出して、言葉だけは知っていると思う人は多いのではないでしょうか?

5Gを体験した人は、「もう4Gには戻れない」というほど5Gは高速通信できるのです。

しかし、5Gの通信エリアはまだまだ各都道府県の主要の市町村に限られています。

今回は5Gのエリアはいつから全国になるのか解説し、詳しく解説します。

 5Gとは?

本題に行く前に、5Gとはどんなものか知っておきましょう。

5Gとは、第5世代の通信システムをいいます。

4Gよりも、多くのデータ量を送信できるのでスマホ以外にも機械や物に応用できると期待されていますね。

 5Gはどうして高速通信できるのか?

4Gよりも20倍通信が早い5Gはどうして高速通信できるのでしょうか?

それは、これまで使われなかった広帯域の通信帯を使うことで、高速通信ができるのです。

例えば、4Gは片道1車線の幅で車が走っている状態で、5Gは片道20車線の幅で車が走っている状態ですね。

片道20車線あれば、多くの車が走れますよね?

多く車が走れる分、一度の通信で多くのデータを送ることが可能になり高速移動が可能なのです。

 5Gでできること

機械や物にも応用できる5Gですが、5Gが広がることでどんなことができるようになるかみてみましょう。

医療 手術の遠隔操作
自動車 自動運転システム
教育 動画を使った授業
ものづくり 自動ロボットを使い、人手不足解消
スマホ ゲームなどの遅延が少なくなる。遠隔操作など

5Gは、私たちに直接メリットがあるというわけではありません。

仕事や医療現場での私たちの間接的なところでメリットがあるのが特徴なんですよね。

4Gまでは、携帯でできることが増えて私たちに直接メリットがあったのです。

ちなみに電話、メール、写真、動画までが4Gでできるようになったことですよ。

SoftBankの5Gエリア一覧

SoftBankの現在の5Gエリアは以下になります。

  • 東京23区
  • 神奈川県 横浜市・相模原市
  • 石川県 金沢市
  • 大阪府 大阪市
  • 北海道 札幌市・旭川市
  • 新潟県 燕市
  • 愛知県 名古屋市

詳しいエリアは、こちらからみてください。

まだまだエリアが狭く、大阪より西日本の地域では全くと言って良いほど5Gが通っていません。

しかし、SoftBankは、2022年末で人口カバー率90%を超えるように現在インフラを整えています。

なので、これから5G通信エリアが広がってくると思います。

一足先に5Gを体験したい人は、「5G LAB」にいきましょう。

5G LABは、SoftBankの5Gが体験出来る場所です。

北海道から福岡県の一部のSoftBankショップにありますので、こちらから「5G LAB」を体験出来るショップを見てみましょう。

auの5Gエリア一覧

auの現在の5Gエリアは以下になります。

  • 東京23区
  • 大阪府 大阪市
  • 愛知県 名古屋市
  • 徳島県 徳島市の一部
  • 長野県 長野市周辺
  • 広島県 広島市・福山市の一部

詳しいエリアはこちらをみてください。

こちらもまだまだで来年の春以降、北海道や東北の県庁所在地あたりに5Gサービスが始まります。

全国展開は、SoftBankと似ており2022年3月までに人口カバー率90%を目指していくと書かれていますが、かなり厳しいのではないかと思われますね。

全国民が5G通信できるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。

auの5Gを体験出来る場所は東京銀座にあります。

「GINZA456」という施設で、auが管理しており1階は5Gが体験出来るエリア、地下はイベントエリア、2階はauショップと同じ受付エリアになっていますよ。

個人的な感想は、もう少し全国に5G体験エリアを増やして欲しいなと言った印象です。

docomoの5Gエリア一覧

docomoの現在の5Gエリアは以下になります。

  • 東京23区
  • 埼玉県 さいたま市・大宮・浦安など
  • 各都道府県の県庁所在地
  • 新潟県 燕市
  • 石川県 金沢市

詳しいエリアはこちらをみてください。

docomoは、今5Gが使えるエリアが1番多いといえます。

docomoは、2025年に全国に5Gエリアが広がるようにしていると話しています。

遅いと思いますが、筆者もどの携帯会社も5Gが全国に広がるにはそのくらいの期間はかかると思っていますので、おかしい話ではないと思えるんですよね。

docomoは、新しい電波塔を立てる場所がないのでそのせいもあって他2社に遅れることもあるようです。

docomoの5Gを体験出来る施設はたくさんあります。

各都道府県に1つはdocomo5Gを体験出来る施設がありますね。

あなたが住んでいる場所の近くのドコモショップで5Gが体験出来るのは嬉しいですね。

こちらからdocomo5Gのショップを探してみましょう。

なぜ5Gは普及が遅いのか?

しかし、なぜこんなに5Gの普及が遅いのか不思議と思いますよね。

その理由は、5Gの電波は4Gより届く電波距離が短いのです。

つまり、5Gの電波は4Gよりも多くの電波塔を設置する必要があるんですね。

なので、今どの携帯会社も新しい電波塔を建てまくっているところなんです。

5Gの料金プラン

5G開始当初は、5G使用料として1,000円多く取られていました。

今は、どうなのかみてみましょう。

現在、3キャリアは約7,300円でデータ使い放題のプランになっています。

また、家族割やドコモひかりやauひかり割などとセットで加入すると、月5,000円でデータが使い放題になります。

家族が同じキャリアにしているなら、結構お得になりますよね。

しかし、「プラン料金が高い…」と感じることもあるのではないでしょうか?

格安SIMは5Gでも料金が変わらない

「5Gで使える格安SIMはないの?」と感じませんか?

実はあるんですよ。

UQモバイルは、最近プランをアップデートし5Gが使えるプランを発表しました。

くりこしプランS+5G、M+5G、L+5Gでそれぞれデータ量が3GB、15GB、25GBのプランになります。

もちろん4G通信も可能ですよ。

4G/5G両方使えて、値段は1,480円からと格安なのが特徴です。

UQひかりと組み合わせるとさらにお得になり、月990円から使えますよ。

UQモバイルに限らず、ahamo、povo、LINEmoも5Gに対応したプランを発表していますので、格安SIMサイトは要チェックですよ。

 まとめ

今回は、5Gのエリアについて紹介しました。

SoftBankやauは2022年に人口の90%をカバーするとように現在電波塔を増やしています。

docomoは2025年あたりに全人口カバーすると遅いのでした。

5Gは4Gよりも20倍高速通信します。

冒頭文でも書きましたが、実際に使っている人は4Gにはもう戻れないと言って5Gの高速通信に感動していましたよ。

筆者は田舎に住んでいるのでまだ5Gを体験していません。

早く、5Gが広まって爆速の世界を体験してみたいですね。

関連記事