• HOME
  • レビュー
  • マニアが選ぶデュアルSIMで組み合わせ最強の格安SIMはコレ!

マニアが選ぶデュアルSIMで組み合わせ最強の格安SIMはコレ!

前の記事では、デュアルSIMを使うことによって、毎月のスマホ料金を下げることができます。

しかし、前回は1つの組み合わせしか公開できませんでした。

この記事を見ている人の中には「仕事柄かけ放題は外せないんだよね〜」と思っている人も多いと思います。

そこで今回は、「マニアが選ぶデュアルSIMで組み合わせ最強の格安SIMはコレ!」と題して

  • 筆者が思うベストなデュアルSIM最強の組み合わせ
  • かけ放題での組み合わせ
  • 20GBでの最安デュアルSIMの組み合わせ

の3つで考えてみました。それでは早速みていきましょう。

 

デュアルSIMで組み合わせ最強の格安SIMは「楽天モバイル+mineo」

筆者が最強と思うデュアルSIMの組み合わせは、楽天モバイルとmineoの組み合わせです。 

メリットは、楽天モバイルは1GB以下の使用は無料で使うことができるからです。

しかし、1GBではなんとも心許ないですよね?

そこで、2つ目のSIMでmineoを使いましょう。

通話は楽天モバイルで行い、通信はmineoで行うってわけです。

mineoは1GBプラン+パケット放題Plusを契約しましょう。

パケット放題Plusは、データ容量を使い切っても最大1.5Mbpsで通信できるオプションプランです。

3日で10GBの制限があるもののYoutubeは、止まることなく再生できる通信速度です。

この楽天モバイル+mineoのプランで月々1,265円です。

ハードにスマホを使いこなす人には物足りないですが、多くの人はこれだけでも十分なプランになっています。

そこそこ動いて、値段が最安の組み合わせはこのきみあわせが現状最強といえます。

デメリットもあるが、カバーはできる

しかし、良いものには悪い面もあり、当然この組み合わせにもデメリットがあります。

それは、通話品質がよくない点です。

通話は楽天モバイルで行うと書きましたが、専用アプリ「Rakuten Link」を使うことで通話が無料になります。

この「Rakuten Link」は今はあまり通話品質が良いとはいえません。

ですが、このデメリットはカバーできます。

それは、みんな知っているLINEを使って通話することです。

もう多くの方がやっていると思いますが、LINEは通話品質が年々よくなっています。

今では、時々通話が途切れるぐらいで十分に日常の電話として使えます。

 かけ放題ならUQモバイル一択

次に、かけ放題の組み合わせです。

結論からいうと、UQモバイルだけで良いです。

その理由を解説します。

 1870円で国内かけ放題はUQモバイルだけ

UQモバイルは、auのサブブランドに当たります。

なので、当然回線はau回線で通話品質もバッチリです。

そして、国内かけ放題で最安なのがUQモバイルとauなのですが、auはデータプランとかで高くなってしまいがちなのでUQモバイルが1番なのです。

料金は、かけ放題の1,870円と基本データ量が1番安い「プランS」1,480円で月々3350円で使うことができます。

 かけ放題をつけて、デュアルSIMにする意味はない

「かけ放題は仕事上はずせない!でもデュアルSIMで料金は安くしたい」

そんな人もいるでしょう。

しかし、かけ放題をつけてデュアルSIMにする意味はありません。

UQモバイルのかけ放題つけた最安は3,350円でした。

例えば、それにさっき取り上げたマイネオのプラン1,265円を足すと、4,615円です。

これなら、UQモバイルの基本データ量が15GB使える「プランM」にした方がよく、かけ放題とセットで月々4,350円です。

しかも、データ量を使い切っても最大1Mbpsで通信してくれます。

かけ放題をつけるなら、わざわざ2枚のSIMを挿す必要はありませんね。

むしろ高くついてしまうので注意してください。

 20GB最強の組み合わせは「楽天モバイル+mineo」

大手3キャリアの格安プランのデータ量は20GB。

それを意識して、「20GB使える最安のデュアルSIM構成」を考えました。

結論からいうと、「楽天モバイル+mineo」です。

楽天モバイルは、1GB以内の使用なら無料で使えることはさっきお伝えしましたね。

ここでは、mineoについて紹介します。

契約するときは、「シングルタイプ(データ通信のみ)」を選ぶ

20GB最安で使うには、mineoを契約時に「シングルタイプ(データ通信のみ)」を選択しましょう。

mineoの「シングルタイプ(データ通信のみ)」は、電話番号が発行されないSIMです。

このタイプのSIMは、電話ができない分少し安く設定されています。

mineoの「シングルタイプ(データ通信のみ)」の値段は20GBで1,925円です。

つまり、楽天モバイルと合わせると1,925円で20GB使えて電話もできるスマホが出来上がります。

大手3キャリアの格安プランが出たときはみんな

「すげー良い時代になったねぇ」

と言ってましたね。

筆者の先輩は何故かドヤ顔でイキリ散らしていたんですもの。

筆者はその2年前から先輩に格安SIMをオススメしていたんですけどね…

 通信費を下げるコツ

筆者のスマホ料金は月々2,700円です。

なぜそんなに安いのかは、格安SIMを使っているのはもちろんですが、それ以上にムダなオプションをつけていないからです。

次は、スマホ料金を下げるコツを書いていきますね。

 使っていないサブスクは解約する

音楽ストリーミングサービス「Spotify」動画配信サービス「Netflix」今はたくさんのサブスクリプションを用いたサービスがありますよね。

しかも、安いのがたちが悪い所です。

「Spotify」も「Netflix」も月々1,000円ぐらいで、音楽が聞き放題、動画が見放題なんですもの。

あなたに聞きます。それ全部使っていますか?

月々1,000円も10個契約すると10,000円かかります。

しかし、多くの人が1,000円を削ることをしません。

財布は痛まないし、面倒な解約手続きはしたくないんですよね。

しかし、それではいつまでも通信費は下がりません。

使っていないならさっさとやめて、自分が好きな食べ物を食べたほうが1,000倍マシです。

通信費は、下げることが簡単で誰でもすぐにできます。

通信費の見直しが、将来の貯金に生きてくるんですよね。

ちなみに筆者が使っているサブスクは、Amazon関連サービスとメンタリストdaigoさんの動画配信サービス「Dラボ」の2つです。

 使わないオプションは解約する

あなたは、こんな経験がありませんか?

新しいスマホを契約して、

  • 「このサービスは1ヶ月無料で使用できます。一応オプションつけときますね〜」
  • 「一ヶ月たったらいつでも解約できますので〜」

という店員。1ヶ月たったけどオプションのこと忘れて、使いもしないアプリの月額料金を払い続ける。

そんなものはすぐに解約しましょう。

筆者も昔はド○モユーザーだったので、こういうムダなオプションを付けられたのですが1ヶ月経ったらすぐに解約しました。

その時でも月2,000円ぐらい料金を抑えることができましたよ。

筆者はこういうことをする大手キャリアに問題があると思っていますが、あなたも知らないと損をしてしまいます。

新しいスマホを買うたびにこう言った出来事があります。

「ムダなオプションはすぐに解約する」これを徹底してくださいね。

 まとめ

今回は、マニアが選ぶデュアルSIMで組み合わせ最強の格安SIMはコレ!について紹介しました。

さいごにお金を貯めるコツについて話していますが、筆者がデュアルSIMをおすすめする理由は料金を安くするためなんですよね。

通信費は家計でも料金を下げやすい分野です。

多くの人の理想のスマホ料金は3,000円前後と言われています。

なのに、未だ7,000円以上の通信費を払い続けている人が多いのが現状です。

私の通信費は2,700円ぐらいでした。月7,000円ー月2,700円=月4,300円

4,300円×12ヶ月=年間51,600円節約できます。

少しでも通信費を節約することで、今より生活がラクになって他のことにお金を使えるようになり生活が楽しくなりますよ。

必ずデュアルSIMにしなさいというわけではありません。

しかし、今回の記事を見て少しでも節約に意識を向けてくれたらなぁと思いますね。

関連記事