• HOME
  • レビュー
  • 約1万円の4K対応アクションカメラ「MUSON MAX1」を使ってみた

約1万円の4K対応アクションカメラ「MUSON MAX1」を使ってみた

※本記事はメーカー様からサンプル提供を受けて執筆しております。なお、金銭の授受およびレビュー内容への干渉は一切ありません。

アクションカメラやドライブレコーダーなどの製品を手掛けるメーカーのMUSONさんから、「MUSON MAX1」というアクションカメラをサンプルとしてご提供いただいたので、実際に使ってみました。


アクションカメラといえば、もはや代名詞とも言える「GoPro」シリーズのような高性能機から、数千円で買える入門機まで、星の数ほどの製品があります。

その中で、MUSON MAX1の特徴を手短に表すとすれば、「約1万円で4Kや電子式手ぶれ補正(EIS)に対応、そして付属品も充実」といったところでしょう。最廉価クラスよりは少し上ですが、わずかな差額で得られる物は大きく、コストパフォーマンスに優れた製品です。


これは開封直後に撮った写真です。何が何やら分からないと思いますが、付属品の多さに圧倒されてしまいますよね(実は、ポーチなどいくつかここに写っていない付属品がまだあります)。

すでにアクションカメラをお持ちで使い込んでいる方ならご存知かと思いますが、たとえば「自転車のハンドルにカメラをつけたい」「バイクのヘルメットにつけてライダー視点の動画を撮りたい」など、アクションカメラを実際に運用するにはシーンごとにさまざまなマウントパーツが必要になります。ひとつひとつは大した値段ではありませんが、積み重なればそれなりの出費です。

MUSON MAX1には各種アタッチメントや防水ケース、外部マイク、リモコンなど一通りのアクセサリーが同梱されているので、まずはこれだけ買ってすぐに使い始められるというのは大きなメリットです。同梱されていないマウントパーツとしてすぐに思い浮かぶのは、車のダッシュボードにつけるためのサクションカップぐらいかな……?とにかく付属品は充実しています。


カメラ本体の外観です。前面の模様や側面の加工などがなかなか個性的で、デザイン性が高いですね。やはり入門機こそ、使ってみたい、カッコいいと思わせる見た目も大事だと思います。


操作はタッチパネルではなく、本体にある4つのボタンを使って行います。操作のレスポンスや微妙な日本語訳など、ソフトウェアの出来はイマイチだと感じました。

電源を切ったまま、USB充電のつもりでmicro USBケーブルを接続すると一々起動してしまったり、これはハードの話ですがUSBケーブルを繋いだままだとmicroSDの出し入れができそうでできない微妙な配置になっていたり、細かい部分で若干詰めが甘い印象があります。

実際に撮影した動画はこちら。初期設定では4K 30fpsとなっていますが、センサーやレンズの性能的に4Kで撮るメリットはそれほど大きくない(解像していない)と感じたため、フルHDの60fpsで撮影したサンプルを載せておきます。

車の振動はEISでそこそこ軽減できているようです。画質もこのクラスとしては十分ではないでしょうか。注意点としては、内蔵マイクはあまりアテになりません。音も重要な撮影であれば、付属の外部マイクを使った方が良いでしょう。

セット内容のほかにはmicroSDカードさえ買い足せばすぐに撮影を始められ、入門機としては悪くない製品ではないでしょうか。

「MUSON MAX1」をAmazonで見る

関連記事