「Galaxy A42 5G」がETORENで販売開始、4万円台前半で買える5G対応海外モデル

海外通販サイトの「ETOREN」(イートレン)で、日本未発売のAndroidスマートフォン「Galaxy A42 5G」(ブラック/ホワイト)の販売が開始されました。41,000円(税別)で購入できます。


Galaxy A42 5Gは、Galaxy史上最安の5G対応端末として2020年秋に発売されたばかりの最新機種です。4万円台前半で買えるミドルレンジのAndroidスマートフォンで、SoCはQualcommの「Snapdragon 750」を採用。9月にQualcommから発表された最新チップのため、まだ市販製品は少なく物珍しさがあります。

主なスペックとしては、メモリ8GB、ストレージ128GBで、画面サイズは6.6インチ(HD+)。アウトカメラは約4800万画素(広角)+約800万画素(超広角)+約500万画素(マクロ)+約800万画素(深度)のクアッドカメラで、インカメラは約2000万画素。バッテリーは5000mAh、OSはAndroid 10です。

対応LTEバンドはBand 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28/38/40/41、対応5Gバンドはn1/n3/n5/n7/n8/n28/n40/n41/n78。あまり日本のネットワーク環境には合わないので「5G対応」ということを目当てに買うには微妙ですが、最新ミッドハイレンジSoCの実力を体感したい人、お手頃価格でそこそこ性能の良い機種を探している人には良いかもしれませんね。


カラーバリエーションはブラック、ホワイトの2色。どちらのカラーも、背面パネルにAシリーズ特有の複数のテクスチャーを使い分けたおしゃれな柄が入っているのが特徴です。11月23日時点ではどちらも在庫ありとなっています。

「Galaxy A42 5G」(ブラック)をETORENで見る

「Galaxy A42 5G」(ホワイト)をETORENで見る

関連記事