• HOME
  • ガイド
  • UQモバイルの引き落とし日はいつ?解約金がかからない更新月は?忘れがちな「タイミング」を整理

UQモバイルの引き落とし日はいつ?解約金がかからない更新月は?忘れがちな「タイミング」を整理

携帯関連の手続きって、不慣れな方だと特に「いつから解約しても大丈夫なの?」「料金っていつ引き落とされるの?」など、タイミングに迷うこと、話がこんがらがることが色々ありますよね。

この記事では、auのサブブランドとして展開される高品質でお得な人気の格安SIM「UQ mobile」(UQモバイル)について、解約や乗り換えのタイミング、更新月、料金の引き落とし日など、忘れがちな「タイミング」のことを解説します。

解約・乗り換えのタイミング

タイミングに迷うことといえばやっぱり、解約や他社への乗り換え(MNP転出)をするときでしょう。更新月や解約金など、解約関連のことをまとめてチェックしておきましょう。

利用中の料金プランをチェック!


UQ mobileの解約や他社への乗り換えを考えている人は、まずは会員ページ「my UQ mobile」などで、お使いの料金プランを確認しておきましょう。

利用中のプランが新プラン(スマホプラン)なら、契約期間の縛りや解約金はありません。また、データSIM(音声通話なし)の場合も解約金はかかりません。

旧プランの更新月と契約解除料(解約金)

旧プランにはいくつか種類がありますが、特に利用者が多かったぴったりプラン・おしゃべりプランは2年契約です。契約から25ヶ月目・26ヶ月目が更新月となり、それを過ぎると自動更新で次の2年契約が始まります。更新月以外に解約すると9,500円の契約解除料(解約金)がかかります。

無料通話なしの旧プラン「データ高速+音声通話プラン」や「データ無制限+音声通話プラン」は自動更新型の2年契約ではありません。こちらは2年間の最低利用期間があり、最低利用期間を過ぎた後ならいつ解約・転出しても解約金はかかりません

解約したらすぐ使えなくなる?月末まで使える?


格安SIMの場合、「オンラインで解約手続きをしても月末までは使える」という流れになるところが多いのですが、UQ mobileは即日解約になるので注意。「今月いっぱいは使うけど早めに手続きだけしておこう」ということはできません。

解約月の料金はどうなる?

これも格安SIMとしては少し珍しい点です。UQ mobileでは、解約した月の基本料金は日割りで計算されます。たとえば30日まである月の15日に解約した場合、半分で済むということです。

契約時に初月が日割りになる会社は多いのですが、解約時にも日割りしてくれるのはなかなか良心的。「月初に解約したら料金がもったいないなあ」ということもなく、都合の良いタイミングで解約できます。

支払いのタイミング

口座振替の引き落とし日はいつ?

UQ mobileは、格安SIMとしては珍しく口座振替(銀行口座からの引き落とし)でも毎月の利用料金を支払えます。

引き落としのタイミングは利用した月の翌月末日です。つまり、10月に使った分の料金なら11月末に引き落とされます。月末が土日や祝日の場合は、翌営業日に引き落とされます。

引き落とし出来なかった場合の注意点

口座にお金を入れておくのをうっかり忘れて、料金が正しく引き落とし出来なかった!ということもあるかもしれません。

大手キャリアの場合は再引き落としがあるので「お金を入れて待っていればそのうち引き落とされるから大丈夫」と考えるかもしれませんが、UQ mobileでは再引き落としはしないので注意。

翌月に届く「利用停止予告コンビニ払込請求書(ハガキ)」を使ってコンビニで支払うか、どうしてもすぐ払いたい場合はUQ mobileお客さまセンターに電話しましょう。

クレジットカードの場合はいつから/いつまで払えばいい?

クレジットカードで支払う場合、最終的な引き落とし日は各クレジットカード会社の請求日によります。

流れとしては、毎月15日ごろに前月分の月額料金を確定して、UQ mobileからクレジットカード会社に請求が行きます。

少し分かりにくいので具体的な例を出すと、8月に使った分の料金は9月15日頃にクレジットカード会社に請求が行き、9月にカードでお買い物した分と合わせて10月に口座から引き落とされる、といった具合です。つまり、利用から引き落としまで2ヶ月ぐらいの時間差があるということになります(カードの締め日によってはもう少し長くなるでしょう)。

このため、「契約したのになかなか料金が請求されない」「解約したのにまだ料金が引き落とされている」というように見える場合があるかもしれませんが、時間差があることを覚えておきましょう。

SIMロック解除のタイミング


大手キャリアが販売するスマートフォンの多くには「SIMロック」がかけられており、他社で使う際にはSIMロック解除という手続きが必要です。一方、MVNOなどでは、SIMフリー端末を仕入れてそのまま販売することが多い(自社で企画するわけではない)ため、SIMロックはかかっていないのが一般的です。

UQ mobileの場合はSIMロックがかかっている機種とかかっていない機種があるので、必要に応じて解除しましょう。

AndroidスマホならSIMロック解除は不要

UQ mobileが販売するAndroidスマートフォンは、SIMロックがかかっていないSIMフリーの状態で売られています。このため、SIMロック解除のタイミングを気にする必要はありません。

iPhoneはSIMロックあり


UQ mobileのiPhoneにはSIMロックがかかっているので、au回線以外の格安SIMに乗り換える場合などはSIMロックを解除しておく必要があります。

SIMロック解除を受け付けている機種は、iPhone SE(第2世代)iPhone 7iPhone 6siPhone SE(第1世代)です。

SIMロックを解除できるタイミングは、購入から101日目以降となります。ただし、以下の条件を満たせば101日目を待たなくても解除できます。

・機種を一括払いで購入した場合
・分割払い(割賦)で購入したが、割賦残債がない場合(一括精算した場合)または毎月のお支払いがクレジットカードの場合
・対象回線における(他の端末の)SIMロック解除実績があり、前回のSIMロック解除受付日から101日目以降の場合

キャッシュバックはいつ来る?

購入店舗によっては、キャッシュバックなどのキャンペーンを行っている場合もあるでしょう。

たま~に聞かれますが……これの時期は残念ながら「店による」としか言えないので分かりません。また、店舗独自の施策についてはmy UQ mobileやUQ mobileの窓口では確認できないので、購入時によく聞いておく、書類を捨てずに取っておくことが大事です。

まとめ


UQ mobileでは、新プラン(スマホプラン)なら契約期間の定めはなく、解約金はかかりません。旧プラン(おしゃべりプラン・ぴったりプラン)をまだ使っている場合は、契約状況をチェックしましょう。

口座振替の場合の引き落とし日は毎月15日ごろです。SIMロック解除はiPhoneの場合のみ必要、Androidスマホなら不要です。

格安スマホならUQモバイル

UQ mobile関連の解説記事はこちら!

関連記事