• HOME
  • ガイド
  • auからの乗り換えなら「UQモバイル」と「BIGLOBEモバイル」どっちがいい?

auからの乗り換えなら「UQモバイル」と「BIGLOBEモバイル」どっちがいい?

ソフトバンクとワイモバイル、auとUQ mobileのように、「大手キャリアと同じ会社だけど、少しサービス内容が違って安く使える」格安携帯ブランドのことを「サブブランド」と言います。

KDDIの中には、大手キャリアの「au」とサブブランドの「UQ mobile」がありますが、実はこのほかにも、子会社がやっているMVNOとして「BIGLOBEモバイル」や「J:COM MOBILE」があります。つまり、BIGLOBEモバイルはMVNOだけど大手キャリアの親戚というちょっと特殊なポジションなんですね。

auから格安スマホへの乗り換えを考えている・乗り換えた人に聞くと、やっぱり同系列だという安心感や評判の良さからUQ mobileを選んでいる人は多いです。それならもう一歩踏み込んだ選択肢として、より一般的なMVNO寄りのBIGLOBEモバイルも比較対象としては良いかもしれません。

というわけで、今回はUQ mobileとBIGLOBEモバイルを料金、速度、サービスなどの面で比較してみましょう。

料金:通信量が少なめならBIGLOBEの方が安い

UQ mobileの料金プラン


BIGLOBEモバイルの料金プラン


まずは料金プランを比べてみましょう。一般的なスマートフォン向けの音声プランで比較してみると、UQ mobileは3GB/10GB/20GBの3段階、BIGLOBEモバイルは1GB/3GB/6GB/12GB/20GB/30GBの6段階と、容量の選択肢はBIGLOBEモバイルの方が多いです(※UQ mobileの20GBプランは2021年2月以降に開始)。

両者に同じ容量のプランがあるのは3GBと20GBだけですが、ここで比べると3GBプランならBIGLOBE、20GBプランならUQの方が安いです。さらに1GBや6GBの選択肢もあることを考えると、通信量が少なめならBIGLOBEモバイルの方が安いと言えます。

速度:サブブランドのUQ mobileが有利

速度に関しては公式情報では比較できないので、過去に実際に使ってみた際の印象や周囲のユーザーの口コミなどが判断基準になりますが、通信速度は断然UQ mobileです。他の格安SIMとは比べ物にならないレベルです。

ただ、BIGLOBEモバイルもMVNOの平均レベルからすれば特に遅い方ではないです。ドコモ回線・au回線のどちらを選んだ方が速いかは、時期によってユーザーの増加や回線増強の具合によって変動するので一概には言えないところです。

サポート:不安ならUQ mobileを


一般論として、サポートにかかるコストはMVNOが安さを実現するためにまず削る部分です。最低限の電話窓口やチャットサポートなどはありますし、BIGLOBEモバイルの場合は家電量販店での店頭契約もできますが、使い始めてからのことを考えると、あまり知識がない人や何かあった時に自分で調べて対処するのが苦手な人は目先の安さだけに釣られて安易にMVNOを選ぶべきではありません。

MVNOに近い安さと大手キャリアに近いサービス品質やサポートレベルを兼ね揃えたちょうどいい選択肢がサブブランドです。サポートを重視するならUQ mobileの方が無難でしょう。

オプションサービス:通話重視ならUQ、動画などを見るならBIGLOBE


オプションサービスは甲乙つけがたいところです。何を重視するかによって好みが分かれるでしょう。

まず、電話をよくかける人にはUQ mobileの方が適しています。時間制限なしのかけ放題オプションがあるので長電話をする人でも通話料を抑えられます。

BIGLOBEモバイルにも10分かけ放題などの通話オプションはあるのですが、こちらは「BIGLOBEでんわ」という専用アプリを使う必要があるプレフィックス型の通話割引なので、普通に電話をかければ割引対象になるUQとの使い勝手の差は大きいです。


一方、通信量を気にせず動画や音楽のストリーミング再生をしたい人にはBIGLOBEモバイルがおすすめです。「エンタメフリー・オプション」というサービスがあり、これに加入すればYouTubeやAbemaTV、Spotifyなどの通信量がカウントフリー(容量消費なし)になります。とても人気のある魅力的なオプションサービスです。

ちなみに、UQ mobileの場合、au IDの引き継ぎなど、大手キャリアを使っていた頃に近いサービスを使える部分があることも違いのひとつです。

端末ラインナップ:どっちも豊富だけどちょっと違う


端末のラインナップには両者の性格の違いがよく現れています。UQ mobileはどこか大手キャリアっぽいラインナップで、高価なハイエンド機はさすがにないものの、人気のXperiaやGalaxy、シニア向けスマホなど独自色の強いラインナップです。

BIGLOBEモバイルは他のMVNOと同じようにSIMフリースマホが中心のラインナップで、OPPO、Xiaomi、Motorolaなどの手頃でコストパフォーマンスの高い機種が揃っています。

まとめ


同じKDDI系列の格安ブランドでも、サブブランドという大手キャリアとMVNOの間ぐらいを狙ったポジションのUQ mobileと、純粋なMVNOとして運営されているBIGLOBEモバイルでは少し方向性が違います。

速度やサポートを重視する人通話頻度が高い人ならUQ mobile、小容量で安さ重視の人、特徴的なカウントフリー・オプションを使いたい人ならBIGLOBEモバイルが合っているでしょう。

UQ mobile

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル関連の解説記事はこちら!

関連記事