• HOME
  • ガイド
  • iPhone 12からは別売りに!新しいiPhoneを買ったらどんな充電器を買えばいい?

iPhone 12からは別売りに!新しいiPhoneを買ったらどんな充電器を買えばいい?

10月23日は「iPhone 12」の発売日。例年より遅くなりましたが、いよいよ新型iPhoneが手に入ります。予約済みで到着を楽しみに待っている人も多いのではないでしょうか。

iPhone 12には充電器が付属しない


iPhone 12シリーズで変わったことはたくさんありますが、今回取り上げるのは「充電器」の話。これまでのiPhoneには充電器(ACアダプター)とLightningケーブル、イヤホンなどが同梱されていましたが、Appleは今年から、環境対策の一環として付属品を減らし、必要な人だけ買ってもらう(使われない付属品のために資源を使わない)という方針に転換しました。

そんなわけで、iPhone 12シリーズには充電器は付属しません。ついてくるのはUSB-C – Lightningケーブルだけです。

正確には12シリーズだけでなく、iPhone SE(第2世代)やiPhone XRなどを買う場合も要注意。旧機種も付属品なしのパッケージに順次切り替わります

さて、充電器がついてこないならどうする?という問題に対して、4通りの答えを用意しました。順に解説します。

選択肢①:そもそも買わなくても良い


充電器が付属しないとは言っても、iPhone 12シリーズの充電端子はこれまでと同じLightning端子です。つまり、iPhoneからの買い替えなら気にする必要はないのです。

これまでもiPhoneを使っていて、今使っている充電器が特に壊れていないのであれば、今持っている充電器をそのまま使えば良いだけのことです。ただし、急速充電をしたいならこれまでの付属充電器ではダメです。


補足すると、「充電器は壊れてないけどケーブルが断線しそう。でも新しいiPhoneにもケーブルはついてくるから大丈夫だよね」と思っている人は要注意。iPhone 12に付属するLightningケーブルは、充電器に挿す方の端子がUSB-A(一番普通のUSB端子)ではなくUSB-Cになっています。

iPhone 11シリーズからの買い替えなら大丈夫ですが、iPhone XR/XS/XS Max以前の付属充電器にはiPhone 12の付属ケーブルは使えないのです。このパターンの人も充電器かケーブルのどちらかを買い直す必要がありますね。

選択肢②:純正の充電器を買う


iPhone 12についてくるUSB-C – Lightningケーブルを有効活用できる充電器を買うとしたら、一番良い方法は純正の充電器を別途買うことです。

2020年10月時点で、USB Type-CのApple純正充電器でiPhone 12シリーズに一番合うのは「20W USB-C電源アダプタ」(税込2,200円)です。これまでの付属充電器とほぼ同じサイズでiPhone 12シリーズを急速充電できます。

ちなみに、既に廃盤となりましたが、以前は「18W USB-C電源アダプタ」という純正充電器も売られていました。iPhone 11シリーズの付属品と同じ物で、見た目はよく似ていますがこれではiPhone 12シリーズをフルスピードで充電することはできません。フリマアプリなどで間違えて買わないように気を付けましょう。

「20W USB-C電源アダプタ」をAmazonで見る

選択肢③:純正と同じぐらいのスペックのサードパーティ製充電器を買う


充電器に2,000円以上出すのはちょっと高いな、という人には、同じぐらいのスペックのサードパーティ製充電器を買うという選択肢もあります。しばらくすればiPhone 12ユーザー向けに20Wの充電器も増えてくるのではないでしょうか。

20W出力は現時点ではあまり一般的ではないので(18Wならたくさんあるのですが……)、Ankerの「PowerPort III Nano 20W」(税込1,780円)がほぼ唯一の選択肢です。純正より一回り小さくて軽く(一辺27mm、重さ30g)、少しだけ安く済みます。

「Anker PowerPort III Nano 20W」をAmazonで見る

選択肢④:MagSafeにしちゃう


iPhone 12シリーズにはLightning以外の充電方法もあります。背面に磁石で張り付く新型充電器「MagSafe」が登場しました(※以前のMacBookシリーズで使われていた同名の充電器との互換性はありません)。

価格は税込4,950円と高めですが、ケーブルよりも簡単にストレスなく着脱できる新しい使い勝手を実現してくれる周辺機器ですし、せっかく最新機種を買うなら思い切ってこちらにしてしまうのもありですね。

ただし、MagSafeを買っても結局、別途USB充電器を買わないと使えない(マグネットケーブルだけでこの値段)ということには要注意です。

「MagSafe充電器」をAmazonで見る

関連記事