• HOME
  • コラム
  • 憧れの曲面ウルトラワイドモニターが欲しい!3機種で悩んだ結果……

憧れの曲面ウルトラワイドモニターが欲しい!3機種で悩んだ結果……

近々デスク環境を大きく変える予定なので、このタイミングでモニターも変えたいなと思い、比較検討しました。

曲面ウルトラワイドモニターが欲しい!


現状としては、23.8インチWQHDのモニター(ThinkVision P24h-20)を1枚使っています。ノートPCを開いたまま接続し、メインの作業は外部ディスプレイで、動画視聴や資料閲覧などの「ながら見」は本体のディスプレイでという感じの使い分けです。

余談ですが、本体を閉じた状態で外部ディスプレイだけを使う、Macで言うところの「クラムシェルモード」での運用は避けています。あれは見栄えは良いですが、排熱効率の悪化によるバッテリーの膨張などの故障などの原因になりやすいですからね。本体側の画面を消して使う時も(下手に4Kディスプレイを積んでいるせいで負荷が大きいのです)、閉じずに開いたままにしています。

もう少し作業スペースを拡張したいということで、案としては「同等のモニターをもう1枚足す」か「ウルトラワイド1枚にする」かの二択。ノートPCメインなことは変わらないので3枚まで行くと負荷が厳しそう、でも2枚だと中央にディスプレイの境目が来るのは気になりそう……ここはやはりウルトラワイドでまとめた方がスッキリしそうです。かっこいいし。

極端な3つの候補

というわけでウルトラワイドモニターを買おうと思い、良さげな機種を探し始めました。「曲面だと見やすそうだな」「縦1440px(WQHD相当)以上がいいな」「欲を言えばUSB PDの給電とDisplayPort Alternate Modeの映像入力を1本で済ませられたらいいな」ぐらいのざっくりした要件で、気になったのは以下の3機種。価格帯も機能も見事にバラバラで、比較するのもどうかなという感じですがひとまず見てみましょう。

FlexScan EV3895(約20万円)


予算無限だったらこれ。やっぱりモニターはEIZOですよ。以前FlexScanを使っていた時期がありましたが、やはり正確な発色で、プロの使う道具という感じでした。

FlexScan EV3895は2020年10月中旬に発売予定の最新機種で、EIZO初の曲面ウルトラワイドです。画面サイズ37.5インチ、解像度3840×1600(UWQHD+)のIPS液晶を搭載します。

FlexScanの「USB Type-C 1本で繋げられる」系の機種はどうもUSB PDの出力が低めだったのですが、この機種は最大85Wに上がっているので安心。LAN端子もあってドックとしての使い勝手も良さそうです。PbyP(Picture-by-Picture)機能での複数のPCを繋いだ場合の画面分割・切り替え機能が凝っていて、マウスやキーボードを共有できるKVM機能もあります。

それから、EIZOはDisplayPort特有のスリープ復帰時の接続問題にどこよりも本腰を入れて対応しているメーカーでもあります。他のディスプレイで安定性の低さに散々イライラさせられているので、これは本当にうらやましいです。

ただまあ、20万円ですからね……ちょっと手が出ませんね。

リンク:公式サイト

「FlexScan EV3895」をAmazonで見る

DELL U3419W(約12万円)


第2候補はDELLの「U3419W」。お値段は11万円台後半です。FlexScanを見た後だと安く見えますが、落ち着いて考えたらモニターで10万円超えってそこそこ……DELL的にもハイエンドに位置付けられています。

34.1インチ、3440×1440のIPS液晶を搭載します。「3年保証」「一点でもドット抜けがあれば交換」「修理時は交換品を先にお届け」となかなか手厚いサポートが付いています。USB PDは90W出力で、FlexScanほどパターンが豊富ではありませんがPbyP機能もあります。

PCメーカーの周辺機器ですから、ノートPCとケーブル1本で繋いで……という例の使い方に力を入れている感じ。電源と映像出力を1本で済ませられるのはもちろんですが、おまけレベルではない9W+9Wのスピーカーを内蔵している=スピーカーを置かずに済んでさらにデスクがスッキリ、というのはグッと来ました。

ちなみに、もう少し予算を増やすと「U4919DW」という49インチ32:9で幅1.2mの化け物みたいなモニターもあります。さすがにそれを置く場所はないかな……(マシンパワー的にも厳しい気が)。

リンク:公式サイト

「U3419W」をAmazonで見る

Mi Curved Gaming Monitor 34″(5~6万円ぐらい)


「ウルトラワイド欲しいけどどうしようかな~」と考えていたら、ある方から「こんなのあるよ」とおすすめされた機種。Xiaomiの日本未発売製品で、34インチ3440×1440の曲面ウルトラワイドが5~6万円で買えてしまうという驚異的な安さが魅力です。

リフレッシュレート144Hzのゲーミング志向の製品で、VAパネルを採用しています。Type-C接続は残念ながら不可。スピーカーはありません。

求めている方向性とは少し違いますが、それでもこの値段で曲面ウルトラワイドを試せるなら使ってみたいと思うほど圧倒的に安いです。ただまあ、買って試すのは簡単なのですが、このサイズの物をホイホイ買うと後が面倒ですからねぇ……。

執筆時点では、中国の通販サイト「Banggood」で58,064円で販売されていました。興味のある方はぜひ。

リンク:公式サイト

Banggoodで見る

結論:DELLのU3419Wを購入

結論としては、DELLの「U3419W」を買いました。ちなみに、あえて定番のLGを候補に入れなかったのは(ウルトラワイドに限らず)個体差など品質面であまり信用できなかったためです。

手頃な価格(?)で欲しい機能が一通り入っていて、良い落としどころが見つかったかなと思っています。届いたら(というより設置する時間が取れたら)改めて紹介したいと思います。

関連記事