• HOME
  • ニュース
  • 楽天モバイルの5Gプランは料金変わらず。新端末「Rakuten BIG」も発表

楽天モバイルの5Gプランは料金変わらず。新端末「Rakuten BIG」も発表

楽天モバイルは9月30日、5Gサービスに関するオンライン発表会を開催しました。料金プラン、端末、サービスエリアが発表されました。

新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT V」


5G契約の料金プランは「Rakuten UN-LIMIT V」という名称になりました。内容としては4G契約の「Rakuten UN-LIMIT」と変わらず、自社エリアでは月間データ容量無制限(1日あたりの制限あり)、auローミングのパートナーエリアでは5GB/月。基本料金は2,980円/月で、1年間無料のキャンペーンも継続します。

4G契約の既存ユーザーについては、10月12日以降に順次、自動で5G対応の新プランに移行されます(4G端末でも変わらず利用できます)。もっと早く5Gを使ってみたい人は、9月30日から「my 楽天モバイル」で新プランへの手動変更もできるようになっています。

5G対応オリジナルスマホ「Rakuten BIG」


Rakuten Miniに続くオリジナルスマートフォン第2弾として、「Rakuten BIG」が発表されました。5G対応の端末で、前作同様にeSIM専用機となります。メーカーは現時点では公表されていませんが、後述の特徴と判明している認証情報からZTE製と見られます。

主なスペックとしては、Snapdragon 765Gにメモリ6GB、ストレージ128GB。画面は6.9インチ(FHD+)の有機EL、バッテリーは4000mAh。カメラは約800万画素(超広角)+約6400万画素(広角)+約200万画素(深度)+約200万画素(マクロ)のクアッドカメラです。

発表によれば、「本製品は、モバイルFeliCa搭載スマートフォンとして、フロントカメラ内蔵ディスプレイを世界で初めて採用しました」(原文ママ)とのこと。表現の是非はさておき、日本で発売される機種としては初の画面下インカメラ搭載機となります。

5Gのサービスエリア


サービス開始時点で楽天モバイルの5Gを利用できる場所のリストも公開されました。東京都、神奈川県、埼玉県、大阪府、兵庫県、北海道のごく一部で、楽天のお膝元である二子玉川周辺のエリアが多いようです。

Source:プレスリリース(1), (2), サービスエリア

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT V)を申し込む

筆者のひとこと
いまさら何も期待していませんが、今回も突っ込みどころ満載でしたね。詭弁としか思えない“世界初”の定義はどうかと思いますが、世界初の画面下インカメラ搭載機「Axon 20 5G」がベースのようなので嘘ではないといえば嘘ではないかな……。

関連記事