• HOME
  • ニュース
  • 小型ハイエンドスマホ「Xperia 5 II」発表、120Hz駆動などでXperia 1 II超えも

小型ハイエンドスマホ「Xperia 5 II」発表、120Hz駆動などでXperia 1 II超えも

ソニーモバイルは、Androidスマートフォン「Xperia 5 II」を発表しました。2020年秋以降、日本を含む国・地域で発売予定です。


2020年前半のフラッグシップモデル「Xperia 1 II」とほぼ同等の性能を持ちながら一回りコンパクトにした機種で、昨年のXperia 1・Xperia 5の関係と同様です。

Snapdragon 865を搭載するハイエンド端末で、6.1インチ(21:9、FHD+)の有機ELディスプレイを採用。Xperia 1 IIを上回る120Hz駆動となります。大きさは約158×68×8mm、重さは約168gです。5G対応(Sub6のみ)ということを考慮したのか、バッテリーはXperia 5の3000mAhから4000mAhに増量されました。


「リアルタイム瞳AF」や60回/秒のAF/AE演算を行うコンティニュアスAF、スマートフォンとしては世界初となる4K HDR 120コマ/秒のスローモーション撮影など、カメラ性能も強化。もちろん、Xperia 1 IIに続いてT*コーティングを施したZEISSレンズを採用します。超広角+広角+望遠のトリプルカメラで、いずれも約1220万画素です。

このほか、ゲーム向けの240Hzタッチスキャンレート、ストリーミングサービスでも高音質な音楽を楽しめる「DSEE Ultimate」などが特徴として挙げられます。

Source:ソニーモバイル

筆者のひとこと
はいはい、Xperia 1 IIの小型版ね……と思ったら、なかなか気合いが入っていて良さげです。5G対応やモデム独立型SoCによる燃費悪化を考慮したバッテリーの増加などもあるのに、Xperia 5より薄いというのはちょっと意外でした。

関連記事