• HOME
  • ニュース
  • AQUOSスマートフォンの冬モデル4機種発表、senseシリーズが5Gに初対応

AQUOSスマートフォンの冬モデル4機種発表、senseシリーズが5Gに初対応

シャープは9月11日、2020年秋以降に発売される「AQUOS」ブランドの新型スマートフォン4機種を発表しました。携帯キャリアの発表会シーズンに先行したメーカー側の発表で、例年通り、投入予定の通信事業者や具体的な発売時期、価格などは現時点では明かされていません。

AQUOS sense4(2020年秋以降)


SIMフリー版もキャリア向けも好調な売上を記録しているミドルレンジのAQUOS senseシリーズに、4代目が登場しました。

「AQUOS sense4」は4Gモデルで、5.8インチIGZO液晶ディスプレイ+4570mAh大容量バッテリーで1週間の電池持ちを実現したと謳います。SoCはミッドハイレンジ向けの「Snapdragon 720G」にランクアップしました。

メモリは4GBでストレージは64GB、OSはAndroid 10。カメラは約1200万画素(広角)+約1200万画素(超広角)+約800万画素(望遠)のトリプルカメラです。指紋センサーを数秒押し続けることで決済アプリを起動できる「Payトリガー」という新機能を搭載します。

AQUOS sense4 plus(2020年秋以降)


sense4の大画面版として「AQUOS sense4 plus」も発表されました。6.7インチの液晶ディスプレイ(※IGZOとは記載されていないことに注意)を搭載し、senseシリーズ初の90Hz駆動に対応します。さらにタッチ検知は120Hzです。

SoCは同じく「Snapdragon 720G」で、メモリは8GB、ストレージは128GBに増強されます。バッテリーは4120mAh、OSはAndroid 10。カメラは約4800万画素(広角)+約500万画素(超広角)+約200万画素(マクロ)+約200万画素(深度)のクアッドカメラです。

AQUOS sense5G(2020年冬以降)


「AQUOS sense5G」は、普及機であるsenseシリーズとしては初めて5Gに対応した機種です。外観、寸法、バッテリー容量などからすると、4G版のAQUOS sense4と設計をある程度共通化しているように見えます。

SoCは「Snapdragon 690」、メモリは4GB、ストレージは64GB。ディスプレイは5.8インチIGZO液晶で、バッテリーは4570mAh。カメラは約1200万画素(広角)+約1200万画素(超広角)+約800万画素(望遠)のトリプルカメラです。

発売時期が少し遅めなためか、今回発表された4機種の中では唯一、出荷時のOSがAndroid 11となります。アップデート保証の回数を考えると一回分お得ですね。

AQUOS zero5G basic(2020年秋以降)


軽さに特化した第2のハイエンドシリーズとして展開されてきたzeroシリーズは方針転換。昨今の市場環境を考慮し、これまでなんとなくハイエンドを選んできたユーザーに向けたプレミアム路線のミッドハイレンジ機となります。

「AQUOS zero5G basic」と名付けられ、「Snapdragon 765」を搭載。6GB/64GBと8GB/128GBのモデルがあるようです。ディスプレイは6.4インチ有機EL、バッテリーは4050mAh。カメラは約4800万画素(広角)+約1310万画素(超広角)+約800万画素(望遠)のトリプルカメラです。

重量は約182gということで従来のzeroシリーズのような軽量端末ではありませんが、AQUOSとしては珍しい有機ELを採用する点は共通しています。表示更新とタッチ検出を高速化する「ハイレスポンスモード」など、ハイエンドではないもののゲーム性能を引き続きアピールします。

Source:プレスリリース(1), (2), (3), (4)

筆者のひとこと
senseシリーズ初の5G版に目が行きますが、5Gモデムの電池消費を想定して積まれた大容量バッテリーを4G端末で使う無印sense4が一番捗りそうな気がします。あと、sense4 plusのデザインだけ妙にいつもシャープっぽくないというか、外注っぽさがあるのは気のせいですかね?(なぜかIGZOじゃないというのも……)

関連記事