バンド全体が画面になった近未来的なスマートウォッチ「Nubia Watch」がKickstarterに登場

フレキシブル有機ELディスプレイを採用したスマートウォッチ「Nubia Watch」が、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場しました。All or Nothing方式のプロジェクトですがすでに目標金額を達成しており、2020年10月以降に発送予定です。


NubiaはZTE傘下でスマートフォンを手がけるサブブランドとして設立され、2020年現在は独立したメーカーとなっています。最近では、安価で高性能なゲーミングスマートフォン「Nubia RedMagic 5G」を自社オンラインストアでの販売のみではありますが日本向けに投入してきたのが記憶に新しいところです。

そんなNubiaがクラウドファンディングで生み出そうとしている新型スマートウォッチ「Nubia Watch」は、フレキシブルディスプレイを採用し、腕に巻くバンド部分全体が画面になった近未来的なルックスが特徴です。


見た目のインパクトもさることながら、960×192の4インチディスプレイに各種情報を広く表示できるという利点は、スマートウォッチには付き物の「どんなに機能を詰め込んでも、小さな画面であれこれ見たり操作したりするのは最初だけ」という問題を解決する糸口となるかもしれません。腕時計の限られたスペースの中に、最新技術を駆使して可能な限り大きな画面を詰め込むアイデアです。

機能面では、心拍計やワークアウト記録、音楽の再生操作など、スマートウォッチに求められる基本的な機能は一通り揃っています。全体が画面なので、ウォッチフェイスの着せ替えで印象が大きく変わり、個性を演出できるアイテムとしても面白そうです。


Kickstarterでは、製品化後の販売予定価格の最大50%オフでNubia Watchを入手できます。199ドル(約21,000円)のEarly Birdコースは執筆時点では残り数個となっているので、興味のある方はお早めにどうぞ。

「Nubia Watch」をKickstarterで見る

関連記事