6cm四方の超小型PC「GMK NucBox」がIndiegogoに登場

手のひらサイズの超小型デスクトップPC「GMK NucBox」の登場が予告されています。近日中にクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で支援を募集する予定で、予告ページを先行公開中です。


GMK NucBoxは、大きさ約62×62×42mm、重さ約125gという超小型のデスクトップPCです。CPUはインテルの「Celeron J4125」(4コア4スレッド、最大2.7GHz)で、メモリは8GB。ストレージ(SSD)は128GB/256GB/512GBの3段階で選べます。OSはWindows 10です。

ボディーは金属製で、USB Standard-A×2、USB Type-C、HDMI、イヤホンジャック、microSDカードリーダーを備えます。BluetoothとWi-Fi(最大867Mbps)のチップも内蔵します。


TDP10Wの低消費電力で4K出力まで可能というパフォーマンスの高さを売りにしており、常時起動しておきたい用途や軽い事務作業のほか、リビングのテレビに繋いでおいて動画再生などに使うようなサブPCにも良さそうですね。

製品化後の価格は209ドル(約22,000円)となる予定です。Indiegogoでは、早期支援のSuper Early Birdコースなら159ドル(約17,000円)以上の支援で「GMK NucBox」を1台入手できます。いち早くお得に手に入れたい方は、予告ページでメールアドレスを登録しておけば最新の情報を随時受け取れます。

「GMK NucBox」予告ページ

8/26追記:クラウドファンディングが始まりました!

関連記事