変換プラグなしで世界中で使える、65W小型USB充電器「Alien」がKickstarterに登場

変換プラグを用意しなくても世界中で使える小型USB充電器「Alien」が、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場しました。All or Nothing方式のプロジェクトですが、すでに目標金額を達成しており、2021年2月以降に発送予定です。


Alienは、USB Type-C端子とUSB Standard-A端子を備えた2ポートのUSB充電器です。出力は最大65Wで、スマートフォンやタブレットはもちろん、USB PD対応のノートPCやカメラの充電もこなせます。

また、GaN(窒化ガリウム)半導体を採用し、高出力と小型化を両立させました。大きさは約60×55×45mm(収納時)、重さは約200gです。


それだけなら最近よくあるタイプのUSB充電器ですが、Alienの最大の特徴は「変換プラグ要らず」ということです。

4種類の形状の電源プラグが内蔵されており、レバーを回してモードを切り替えるだけで大抵の国で使えます。これで「充電器は持ってきたけど変換プラグがない」ということは防げますし、どのプラグも折りたたみ式で各面にすっきりと収納されるので、使わない時は荷物に入れやすい箱型になります。


Kickstarterでは、早期支援のスーパーアーリーバードコースなら305香港ドル(約4,200円)でAlienを入手できます。製品化後の価格の約43%オフとのことです。数百円の差額でUSB Type-Cケーブルが付属するセットもあるので、ケーブル選びが不安な方はそちらを選んでも良いかもしれません。

「Alien」をKickstarterで見る

関連記事