• HOME
  • レビュー
  • 「OPPO Reno3 A」レビュー、3万円台で防水&おサイフケータイ対応の良機種

「OPPO Reno3 A」レビュー、3万円台で防水&おサイフケータイ対応の良機種

2020年6月25日に発売されたSIMフリースマホ「OPPO Reno3 A」を購入しました。昨年のヒット機種の後継機ということで注目度の高いReno3 A、発売から2週間ほど使ってみた感想も交えてレビューします。

「OPPO Reno3 A」ってどんな機種?


OPPO Reno3 Aは、オープンマーケット向けのSIMフリーモデルとしては2020年6月25日に発売されました。実売価格は4万円を少し切る程度。Y!mobile、楽天モバイル、UQ mobileほかMVNO各社でも取り扱われます(Y!mobile版はシングルSIM)。

2019年10月に発売された「OPPO Reno A」の後継機と位置付けられ、IP68の防水・防塵仕様でFeliCaにも対応する日本市場専用に開発された機種です。日本市場での動きとタイミング的に合わなかったのかReno2シリーズは日本には投入されなかったため、1世代飛ばして命名されています。

Qualcommのミッドレンジ向けSoC「Snapdragon 665」と6GBメモリを搭載。ディスプレイは贅沢にも有機ELを採用し、画面内指紋センサーまで内蔵します。また、国内の4キャリアすべてのネットワークに対応する使い勝手の良い仕様となっています。

外観:ややチープだが今風のデザイン


まずは外観からチェックしていきましょう。前面のデザインは先代のReno Aとよく似ていて、フォルムも水滴型ノッチの形もそっくり。大きさも縦横ともに僅差なので(少しだけReno3 Aの方が幅が狭く縦長)、表だけ見たらちょっと見分けが付かないかも。

画面占有率は89.9%、インカメラは1つで指紋センサーは画面内にあります。画面消灯時の指紋認証の補助光は緑から白に変更されました。


カラーバリエーションは少し青みがかった「ブラック」とグラデーションカラーの「ホワイト」の2色です。私はホワイトを購入しました。

この色はなかなか公式画像などからはニュアンスが伝わりにくいかもしれません。一見するとHUAWEI P30シリーズの「ブリージングクリスタル」のように見る角度によって表情が変わる奥行きのある加工なのかなと想像したくなる色合いですが、あくまで廉価機なのでそれほど凝った仕上げではなく、過度の期待は禁物。

実際はもう少し平面的で単純、例えるなら白い板に絵の具でグラデーションを付けたような感じです。これはこれで綺麗なんですけどね。


カメラは2つから4つに増え、縦並びに。国内外で展開される他のReno3シリーズと統一感のあるデザインになっています。FeliCaアンテナはカメラユニットの隣にあり、通常握る位置からは離れた上寄りの配置です。

グローバルモデルをローカライズしたような機種だとおかしな位置にFeliCaアンテナがある機種も時々見かけますが(直近ではGalaxy S20など)、実用性を考えるとここは非常に大事な部分。このアンテナ位置なら通常操作時の持ち方のまま改札やレジにかざせるのでストレスフリーです。

右側面にはSIMカードトレイと電源ボタン、左側面には音量キーがあります。

最近のAndroidスマホは右側面に電源・音量を一列に並べるのが主流ですが、そこはメーカーごとの考え方があるので左右に分けること自体は構わないと思います。しかし、Reno3 Aのキー配置には初歩的な見落としがあると言わざるを得ません。

何が問題かというと、左側面の音量-と右側面の電源がほぼ同じ高さにあるので、スリープにする際など、電源ボタンを押すつもりで力を入れると音量-が同時におされて不要なスクショが保存されるという誤操作が多々起きます。個人差はあると思いますが、個人的には気になりました。

上部にはサブマイクのみ、下部にはイヤホンジャック、マイク、USB Type-C端子、スピーカーがあります。Reno Aに続いてイヤホンジャック完備で、スピーカーはモノラルです。

外観全体の評価としては、プラスチッキーなメッキ風塗装のフレームやコーティングが甘い背面パネルなど、ややチープな雰囲気が漂います。

ただ、良くも悪くもありがちなデザインで目立った特徴があるわけではないので、好き嫌いは少ないかと。ホワイトのグラデーションカラーはともかく、ブラックなら持つ人を選ばず幅広い層にマッチしそうです。大きさは約160.9×74.1×8.2mm、重さは約175gと、サイズも最近のスマートフォンとしては標準的で扱いやすいです。

付属品:急速充電に対応、ケースも付属ですぐに使い始められる


付属品は、TPUケース、イヤホン、USB Type-Cケーブル、ACアダプター、SIMピン、クイックガイドです。

付属のACアダプターは9V/2Aの18W出力。Reno Aの数少ない弱点だった「急速充電非対応」というところをしっかり見直して、最大18Wの急速充電に対応したのもReno3 Aの進化点のひとつです。


付属ケースはごく普通の透明なTPUケース。厚手ではないので操作性を損ねず、背面パネルとの張り付き防止にも配慮されていて見た目も悪くありません。


イヤホンジャックとUSB Type-C端子の周りの開口部も狭すぎず広すぎず、大体のケーブルは干渉せずに使えるでしょう。オーソドックスで実用的なケースです。

また、画面にはそのまま使用できる保護フィルムがあらかじめ貼られています。フィルム、ケース、そして急速充電器。別途何も買い足さなくてもすぐに使い始められるだけのアイテムが揃っています。

スペック・動作:CPU性能は下がったが細かな改良点も

OPPO Reno3 Aのスペック表
SoCSnapdragon 665
メモリ(RAM)6GB
内部ストレージ(ROM)128GB
外部ストレージmicroSDXC(最大256GB)
画面サイズ・方式6.44インチ 有機EL
画面解像度2400×1080(FHD+)
バッテリー容量4025mAh
充電端子USB Type-C
OSAndroid 10
アウトカメラ約4800万画素 F1.7+約800万画素 F2.2+約200万画素 F2.4+約200万画素 F2.4
インカメラ約1600万画素 F2.0
サイズ約160.9×74.1×8.2mm
重量約175g

スペックに関しては、Reno3 Aの発表時にはネガティブな反応が多かったように思います。やはり、要となるSoCがミッドハイレンジのSnapdragon 7シリーズからミッドレンジのSnapdragon 6シリーズにランクダウンしてしまい、他の部分でもあまり目立った進化が見られなかったというところで少々肩透かし感があったのではないでしょうか。


(ベンチマークアプリ「Geekbench 5」のスコア)

(ベンチマークアプリ「3DMark」のスコア)

まず処理性能に関して言えば、Reno AとReno3 Aの両方を使った上でやはりワンテンポ動作が遅くなったと感じました。動作の快適さが一番譲れないポイントだという人は、価格がこなれてきたReno Aを狙うのもありだと思います。

ただし、同じSnapdragon 665を搭載する「OPPO A5 2020」よりはReno3 Aの方が動作は良いです。画面解像度の低さ(処理の軽さ)ではA5 2020が有利、メモリの多さではReno3 Aが有利という優劣を付けにくい条件ですが、もしかしたらチューニングが改善されているのかもしれません。


SoC以外に目を向けると、細かな改良点もあります。Reno Aは楽天モバイル版だけがストレージ128GBでその他は64GBでしたが、Reno3 Aはどこで買っても128GBです。バッテリーは3600mAhから4025mAhに増え、先述の通り、最大18Wの急速充電にも対応しました。

また、日本市場でのOPPOは残念ながらOSアップデートには消極的です。特に廉価機では先例がないため、Reno AはAndroid 9でReno3 AはAndroid 10というOSバージョンの違いは無視しにくい差です。

UI・機能:慣れれば便利な独自UI

ソフトウェアはAndroid 10をベースに、「ColorOS 7.1」という独自UIを被せてあります。「通知のスワイプ消去は左右どちらか一方向だけ」などAndroid標準の操作に慣れていると微妙に引っかかるところもありますが、隅々までチェックしてみるとなかなか便利な機能もあります。

個人的に気に入って多用しているのは「画面分割」の操作です。標準仕様ではAndroid 9からアプリ履歴キー長押しでの分割ができなくなって使い勝手が悪くなりましたが(一度アプリ履歴を開かないと分割できない)、ColorOSでは3本指で上に向かって同時スワイプするだけで画面分割できます。「再生中の動画を止めずにブラウザで調べ物をする」といった“ながら操作”に移りやすくて便利です。

ミドルレンジながら、「ゲームスペース」というゲームプレイを支援する機能も上位機種と同様に搭載されています。少し変わったプリインストールアプリとしては、「OPPO Relax」なるものも。作業に集中したい時や落ち着いて眠りたい時に、環境音やヒーリング音楽を流せるアプリです。

カメラ:超広角が追加されて楽しさ倍増


OPPO Reno3 Aのカメラは、約4800万画素 F1.7(広角)+約800万画素 F2.2(超広角)+約200万画素 F2.4(深度)+約200万画素 F2.4(モノクロ)の4眼仕様です。

前作のデュアルカメラからクアッドカメラになったとは言っても、4個中2個はポートレートモードのための深度測定用や明暗を捉えるためのモノクロカメラといった補助的な役割なので、効果を実感するのは難しいでしょう。実用上の利点は「超広角カメラが追加された」ということです。

(※以下、作例はクリックして大きいサイズで見られます。サイトの仕様上、元サイズではありませんのでご了承ください)

最近はデジタルズームも進化していますから、スマートフォンのカメラに求められる程度の画質なら、数倍程度までの望遠はハードに頼らずともなんとかなるものです。

しかし、超広角はメインカメラに写る範囲外の風景。パノラマ撮影のような例外を除けば、専用カメラがあるかないかで撮れる世界に大きな違いがあります。

最近のスマートフォン、特にカメラ性能をアピールしている機種の多くは、SNSで受ける画作り……悪く言えば、カメラ好き・写真好きから見れば「やりすぎ」「写真じゃない」としか思えないぐらいにゴリゴリの補正をかけたクドい画作りをしています。

その点、OPPOのスマートフォンのカメラは比較的素直で過度に強調しすぎない自然な写りだと思います。単調で味気ない写真になってしまっているのかというと決してそうではなく、節度を持った良い塩梅の補正のかけ方をしていて、ちゃんと「写真」として綺麗です。

こういったチューニングの方向性はReno3 Aに限ったことではありませんが、ミドルレンジ機のカメラでもそのアプローチでしっかり実力を引き出せているのは見事です。

総評:高すぎたハードルと決して低くない実力


そこそこのスペック、多めのバッテリーとストレージ、おサイフケータイに防水、ちゃんと綺麗に撮れるカメラ。これで3万円台(ほぼ4万円ですが)なら買って損はありません。

Reno3 Aそのものは隅々まで見れば良く出来ている機種だと思いますが、お値段以上の内容が評価されてヒットした前作の存在、そしてその後継機という期待からハードルが上がり、蓋を開けてみれば似たような値段でスペックは下がっているじゃないか……と発表時点では少しネガティブに受け止められてしまったのかなと思います。

この価格帯のスマートフォンは特に、コストパフォーマンス重視で買う人が多いので値段やスペックなどの数字だけで見られてしまいがちです。しかし、実際に使ってみると、Reno3 Aはちゃんと想定されるユーザー層に寄り添う形でブラッシュアップされていると感じました。

単に「スペックが下がった」というよりは、「ステータスを振り直した」という印象です。Reno Aユーザーのフィードバックを受けて、限られたコストで前作の欠点を埋め、その代わりに元々余裕があった基本性能を少し削ったのではないかと。トータルで見れば前作以上にバランス良くニーズを捉えた機種に仕上がっていて、今回もおすすめできる機種でした。

「OPPO Reno3 A」をAmazonで見る

関連記事一覧