重さ114g、65W出力の3ポートUSB充電器「Mopoint」がKickstarterに登場

最大65WのUSB PDに対応した小型USB充電器「Mopoint」が、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場しました。All or Nothing方式のプロジェクトですが、すでに目標金額を達成しており、2020年8月以降に発送予定です。


Mopointは、GaN(窒化ガリウム)半導体を採用した小型・高出力のUSB充電器です。USB Type-C端子は最大65WのUSB PD、USB Standard-A端子はQuick Charge 3.0に対応しています。

ノートPCなども充電できる出力がありながら、大きさは約53×53×30mm、重さは約114gとコンパクト。USB Type-C×2、USB Standard-A×1の3ポート仕様で複数の機器を同時に充電することもでき、出張や旅行の荷物を減らせる携帯性に優れた充電器です。


GaN半導体の普及によりAnkerやRAVPowerなどの有名メーカーからも同様の製品が出ていますが、Mopointに近いサイズ・出力の製品だと2ポートの物が多いため、出力ポートの多さがMopointの強みと言えそうです。

USB Type-C端子を1つだけ使う時は最大65W、Type-C経由で2台同時なら30W+30W(物によってはノートPCの2台同時充電もできそうですね)、Type-CとUSB-Aの組み合わせで45W+18W、3台同時なら30W+18W+18W(合計66W)と、繋ぎ方によってさまざまな配分ができます。


Kickstarterでは、29ドル(約3,000円)の支援で「Mopoint」を1台入手できます。製品化後の価格は59ドルとなる見込みで、およそ半額で手に入る計算です。

「Mopoint」をKickstarterで見る

関連記事