• HOME
  • ニュース
  • TCL製BlackBerryの最後を飾る「BlackBerry KEY2 Last Edition」発売、299台限定

TCL製BlackBerryの最後を飾る「BlackBerry KEY2 Last Edition」発売、299台限定

TCL製のBlackBerryスマートフォンの国内正規代理店を務めてきたFOXは、限定モデル「BlackBerry KEY2 Last Edition」を6月30日に発売しました。価格は69,800円(税込)です。


TCLは2016年12月からBlackBerryブランドのライセンスを受けて、「BlackBerry KEYone」「BlackBerry KEY2」など、QWERTYキーボードとBlackBerryならではのセキュリティ機能を搭載したAndroidスマートフォンを発売してきました。

同社は今期のライセンス契約を更新しないことを決定しており、2020年8月31日をもってTCL製BlackBerryスマートフォンの販売は終了します。サポートは2年後の2022年8月31日まで継続します。今回発売されたLast Editionは、TCL製BlackBerryの最後を飾る記念モデルとなります。


BlackBerry KEY2(後発の廉価版「KEY2 LE」ではありません)をベースとした日本オリジナルモデルで、299台限定。側面のフレーム部分に、1~299のシリアルナンバーが刻印されます。また、Last Edition限定の刻印入りアラミド繊維製ケースが付属します。FOX ONLINE STOREとFOX 阪急メンズ東京のみで購入できます。

Source:FOX

「BlackBerry KEY2」をAmazonで見る

筆者のひとこと
スペック的にもOSバージョン的にも(Android 8.1)、実用品としてはちょっと今からは選びにくいでしょう。コレクターズアイテムだと思いますが、刻印だけでは相当気合いの入った人しか買わないんじゃないかな……?

関連記事