最近使っているブログ用物撮り環境

最近、引っ越しを機にレビュー記事などのための物撮り環境を変えました。以前は小型の撮影ボックスを使っていましたが(一辺60cmを超える大型も持っていましたが、綺麗に撮れる代わりに邪魔だし面倒で……)、多少部屋が広くなって場所が余ったので、常設してしまおうと考えました。

「撮るのめんどくせ~」とレビューせずに記事ネタを積み上げてしまうことは多々あるので、いつでも撮れるように作業に取りかかるまでのハードルを下げた方が生産性は上がるでしょう(たぶん)。“最近使っている”と言いつつ、まだ実際に撮った写真はほとんどこのブログに登場していないのですが、そこそこ低コストな“常設物撮り環境”をご紹介します。

物撮り環境構築に使った物


先に断っておくと、正直特別キレイということはないです(今はなきAmazonベーシック ポータブルフォトスタジオを使っていた時期の写真の方がどう見てもキレイ)。最低限これぐらい買うとそれなりになるんじゃない?みたいなエントリー構成だと思っておいてください。

買い揃えた物は以下の通り。購入時点では合計13,000円ほどでした。

Neewer LEDビデオライト(Amazon)

Neewer ライトスタンド 50cm(Amazon)

iMakim’s 背景スタンド(Amazon)

iMakim’s PVC背景 白・つや消し(Amazon)


光源はLEDビデオライトで、安価な撮影用照明ではおなじみの中国Neewer製。ここの製品はそれなりに使えます。ただし、NeewerのライトはバッテリーやACアダプタが基本的に別売なので意外と高く付く場合があり、今回はソニー互換バッテリーで動く(互換バッテリー付属)お得なセットがある機種を選びました。2灯あれば十分撮れますが、本当はもうちょっと大きくて光量のある物の方が良いです。

デジタル表示で電池残量を確認でき、背面のダイヤルで色温度を細かく調整できるのはなかなか便利。電源を入れ直すとなぜか微妙に設定がズレることが多く、毎回チェックしないといけないのが玉にキズです。


「背が低めで2本セットで安い」という理由でライトスタンドもNeewerで揃えましたが、これは角度調整ができないのであまりおすすめしません。できれば俯角を付けたいところ。普通のミニ三脚を2つ買った方が使いやすいと思います。

背景スタンドはなんでも良いのですが(壁や家具にそのまま貼り付けたって良いと思います)、適切な高さの物がこれしかなかったので消去法でこちらに。かもなく不可もなく、十分に役目を果たしています。

背景紙は経験上、PVC素材がおすすめです。紙は使い捨てでランニングコストがかかりますし、布はシワや汚れが付くと面倒です。クセが付かず汚れも簡単に拭き取れるPVC背景が最強。

ただ、このiMakim’sのPVC背景はまったくおすすめできません。うちの床はかなり色の薄いホワイトウォッシュなのですが、それでもフローリングの模様や溝が透けてしまうぐらいペラペラなので、一般的なナチュラルやダークブラウンの床やテーブルの上では使い物にならないはずです。お値段もそれほど安いわけではないので、もうちょっとちゃんとした物を買いましょう。

撮影サンプル


この撮影環境で、スマートフォン(Galaxy S20)を撮ってみたサンプルがこちら(フローリングの溝、やっぱり透けてるなぁ)。後方の影がちょっと濃く出すぎなので、レフ板を追加した方が良さげです。

撮影作業としてはマニュアルで撮影環境に合わせた露出設定を決めておいて、メモリー機能で呼び出して撮るだけ。後処理は背景を飛ばし気味にする程度です。

以前は完全に白く飛ばして本文中に溶け込むようにしていたのですが、こだわり始めると記事の本質ではない部分に時間がかかりすぎますし、被写体の色によってはそこまで攻められないこともあります。そもそもテキスト部分との境目が完全になくなると単調に見えるなぁとも思い、最近は少しだけ色を残しています。まあ、ここは好みの問題ですね。

白背景に飽きたら……


あまり使いすぎるとくどいかなと思い、アイキャッチなどのキメの一枚にだけ使うようにしているのですが、お気に入りのアイテムをもうひとつ紹介します。ミワックスのデスクマットです。


このイエロー以外にも何色か持っていますが、質感がかっこいいんですよねぇ……ブログサイズの写真では残念ながら違いはさほど出ないのでなんでもいいんですけど。本来の用途であるデスクマットとしてはもちろんオススメ。


色付きもセンスの良いカラーバリエーションで素敵なのですが、ブラックが特にお気に入り。重厚感のあるレザー調の質感と、鮮やかな被写体を置いて強めの光を当てた時に出る適度な反射がとても良く、1枚持っておくとなかなか使えます。

ミワックス デスクマット(Amazon)

首掛けBluetoothスピーカー「Bluenin 939」が40%オフ、2,000円台で購入可能

キーボード付きAndroidスマホ「F(x)tec Pro1」国内発売、約9万円

関連記事

  1. mixiの決済サービス「6gram」の招待が来た…

    2019年11月にひっそりとリリースされたmixiの決済サービス「6gram…

  2. ストレスの溜まる作業中に最適な「シュレッダー動画…

    ※この記事は、「今年好きになったものを語るアドベントカレンダー Advent…

  3. 遅延を気にせず楽しめるAndroid向けリズムゲ…

    冬休みで暇なので珍しくゲームアプリを漁っています。たまには最近のアプリもリサ…

  4. ヨドバシカメラの「2020年 夢のお年玉箱」受付…

    毎年恒例、ヨドバシカメラが年始に販売する福袋「2020年 夢のお年玉箱」の予…

  5. 森永のお菓子が無料のコワーキングスペース「MOR…

    このブログに関連する作業は基本的に自宅か通勤電車でやっている副業ブロガーです…

  6. 意外と知られていない?WordPress公式グッ…

    このサイトでもお世話になっている、オープンソースCMSの「WordPress…

  7. Galaxyを買ったらYouTube Premi…

    先日、「Galaxy Note10+ SC-01M」を購入しました。ちょ…

  8. サマーウォーズの“OZ”を再現!pixivの新ア…

    ピクシブが7月18日に公開したAndroid/iOS向けの新アプリ「VRoi…

PAGE TOP