なんでも充電できるハイパワー電源タップ「Taurus 280」がKickstarterに登場

電源タップとUSB充電器を兼ね、さまざまな急速充電規格に対応した「Taurus 280」が、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場しました。All or Nothing方式のプロジェクトですが、すでに目標額を達成しており、2020年10月以降に発送予定です。


Taurus 280は、2200Wまで利用できる電源タップに、合計280W出力でスマートフォンやノートパソコン、ゲーム機やカメラなどを充電できるUSBポートを搭載した多機能充電ステーションです。高出力なだけあって本体は大きめですが、それほど多くのポートを必要としない場合は本体の一部を切り離して半分のサイズにもできます。


USB給電もできる電源タップ自体は(これほど高出力の物はあまりないものの)最近では珍しくありませんが、Taurus 280は身の回りのあらゆる機器をまとめて充電できそうな懐の深い仕様が魅力です。

MacBook Proのような要求値が高いUSB PD対応ノートパソコンも充電できるのはもちろん、QuickCharge 3.0/4.0にも対応。Nintendo Switch互換の15V/2Aモードもあります。

さらにコンセント部分は各国のプラグ形状に対応するマルチタイプなので、メーカー独自の急速充電規格(OPPOのSuperVOOCなど)を採用している機器でも対応充電器の入手に悩む必要はなく、輸入端末でも付属品を有効活用できます。


Taurusシリーズには出力の異なる「Taurus 190」と「Taurus 280」、筐体形状の異なるモバイル向けやSOHO向けなどいくつかのバリエーションがあります。Kickstarterでは最安458香港ドル(約6,303円)で入手できます(Taurus 190 Mobileの場合)。

「Taurus 280」をKickstarterで見る

関連記事