5G対応のP40シリーズ、タブレットやPCも!6/2発表のファーウェイ新製品をおさらい

2020年6月2日、ファーウェイの日本向け新製品発表会がオンライン開催されました。例年この時期に登場するAndroidスマートフォン「Pシリーズ」の最新機種だけでなく、タブレットやWindowsノートPC、その周辺機器も含めるとかなりボリュームのある発表内容でした。この記事では、今日発表されたファーウェイの新製品をまとめてざっくりと紹介します。

HUAWEI P40 Pro 5G


まずはP40シリーズのフラッグシップモデル「HUAWEI P40 Pro 5G」から。P20 ProやP30 Proは日本ではドコモ独占だったので、SIMフリーでPシリーズの最上位機種を買えるのは久しぶりですね。市場想定価格は108,800円(税別、以下同)、6月12日発売です。

ファーウェイのフラッグシップスマホといえばやはり、ライカ監修の高性能カメラが魅力です。P40 Proは約5000万画素 F1.9の「ウルトラビジョン」広角カメラを軸に、約4000万画素の超広角、約1200万画素の望遠、そしてボケ効果を出すための3D被写界深度カメラを加えたクアッドカメラを搭載します。センサーサイズの拡大とRYYBセンサーの採用で、より鮮明で精細な画質を目指しました。

ディスプレイは6.58インチ、90Hz駆動の有機ELです。「クアッドカーブオーバーフローディスプレイ」という、ボディの四方にフロントパネルが回り込んだデザイン性の高いものとなっています。画面内指紋認証も改良され、認証速度がP30 Proと比べて約30%速くなりました。

独自SoCの「Kirin 990」を採用し、Mate 30 Proに続いて5G対応のSIMフリー機として発売されます。日本のキャリアに割り当てられているSub-6の周波数帯を広くカバーし、各社の持ち込み契約で利用できます。5G以外にも、eSIMやWi-Fi 6+に対応するなど、通信周りは先進的な仕様です。

「HUAWEI P40 Pro 5G」をAmazonで見る

HUAWEI P40 lite 5G


ミドルレンジの「lite」モデルも5G対応に。市場想定価格は39,800円、6月19日発売です。

コストパフォーマンスに定評があるシリーズの最新機種らしく、5G対応端末としては手頃な価格に抑えられています。SoCは5Gモデム内蔵の最新型「Kirin 820」で、カメラは最大6400万画素のクアッドカメラ。ディスプレイはパンチホール型の6.5インチ液晶で、指紋センサーは側面に搭載します。

なお、P40シリーズは全機種GMS非対応、HMSのみの“Google抜き”仕様です。PlayストアなどのGoogleサービスは利用できず、アプリのダウンロードは独自ストア「AppGallery」からとなります。

「HUAWEI P40 lite 5G」をAmazonで見る

HUAWEI P40 lite E


「HUAWEI P40 lite E」は5G非対応のエントリーモデル。市場想定価格は24,800円、6月19日発売です。

“P40 liteの4G版”と捉えられがちですが、P40 lite 5GとP40 lite Eはまったく別の機種なので要注意。SoCは「Kirin 710F」、画面はHD+解像度の6.39インチ液晶と、全体的にP40 lite Eのほうがスペックはワンランク低めです。

「HUAWEI P40 lite E」をAmazonで見る

HUAWEI MatePad Pro


Androidタブレット「MatePad」シリーズも3機種が一挙に登場します。いずれも、GMS非対応のHMSモデルです。

最上位機種となる「MatePad Pro」は59,800円で、6月12日に発売予定。10.8インチで画面占有率90%のベゼルレス設計で、厚さや約7.2mm。ボディーにはマグネシウム合金を用いて、重さ約460gと軽量に仕上げられています。ハイエンドスマートフォンと同じKirin 990を搭載するパワフルなタブレットです。こういう高性能なAndroidタブレットは最近では珍しいですね。

4096段階の筆圧検知が可能なスタイラスペン「M-Pencil」や「HUAWEI スマートワイヤレスキーボード」など、専用アクセサリーと組み合わせればさらに可能性が広がります。

「MatePad Pro」をAmazonで見る

HUAWEI MatePad


Proとよく似ていますが、こちらは10.4インチ。「Kirin 810」搭載のミドルレンジ版「MatePad」です。価格は29,800円からで、発売日は同じく6月12日。

SoCの違いやメモリが3GBとなることなどスペック的には一段劣りますが、M-Pencilは同じように使えますし、上位モデルと同様にHarman/Kardonチューンのクアッドスピーカーも搭載し、動画視聴などで迫力のあるサウンドを楽しめます。そして、6,000円ほどの差額でLTEモデルを選べるというのも大きなメリットです。

「MatePad」をAmazonで見る

HUAWEI MatePad T8


タブレットのエントリーモデルとなる「MatePad T8」は19,800円で7月初旬に発売予定。コンパクトで携帯性に優れた8インチサイズのAndroidタブレットです。

KirinシリーズではなくMediaTek製のSoCを採用し、メモリも2GBとスペックは最低限。お絵かきツールなどを備えた「キッズモード」もあり、気兼ねなく使える低コストタブレットとしては悪くないかもしれませんね。ちなみに、Amazonでの実売価格はすでに15,000円を切っています。

「MatePad T8」をAmazonで見る

HUAWEI MateBook Pro X NEW


WindowsノートPC「MateBook X Pro」の2020年モデルも発表されました。MateBook X Proはモバイルノートの上位モデルで、普及モデルのMateBook 13はすでに2020年モデルにバトンタッチを済ませています。

MateBook X Proの2020年モデルは基本設計は変わらず、13.9インチの3:2液晶を搭載する薄型モバイルノートです。新たに、第10世代Core i5/i7(Comet Lake-U)を搭載します。Core i5-10210Uにメモリ16GB、SSD 512GBで179,800円から。上位版はCore i7-10510UにGeForce MX250、メモリ16GB、SSD 1TBで239,800円です。

「MateBook X Pro NEW」をAmazonで見る

HUAWEI FreeBuds 3i


フルワイヤレスイヤホンの新製品「FreeBuds 3i」は14,800円で、6月12日以降に順次発売されます。

開放型でアクティブノイズキャンセリング搭載という珍しい構成で話題となった「FreeBuds 3」の廉価版という位置付けです。FreeBuds 3iは開放型ではなくカナル型なので、利用シーンによって使い分けるのも良いかも。周囲の騒音を最大32dB低減できるアクティブノイズキャンセリング機能を備えます。

「FreeBuds 3i」をAmazonで見る

Source:ファーウェイ

国内版発売から半年、「Cosmo Communicator」(2ndロット)を今更受け取ったクラウドファンディング組の雑感

SIMフリースマホ「Redmi Note 9S」「Mi Note 10 Lite」6月9日発売、Redmi Note 9Sは24,800円から

関連記事

  1. 中国向けのフォルダブルスマホ「Samsung W…

    サムスンは、中国電信向けのAndroidスマートフォン「Samsung W2…

  2. 整備性を重視したモジュラー式スマホ「Fairph…

    オランダ発のモジュラー式スマホ「Fairphone 3」が10月に海外で発売…

  3. キーボード付きAndroidスマホ「F(x)te…

    リンクスインターナショナルは、QWERTYキーボード搭載スマートフォン「F(…

  4. TCL製BlackBerryの最後を飾る「Bla…

    TCL製のBlackBerryスマートフォンの国内正規代理店を務めてきたFO…

  5. 折りたたみスマホ「razr」に新色のゴールド登場…

    モトローラ・モビリティは、折りたたみスマートフォン「razr」の新色「Blu…

  6. 「IIJmio meeting 27」5/16に…

    インターネットイニシアティブ(IIJ)は、トークイベント「IIJmio me…

  7. 楽天モバイルの「無料サポータープログラム」第2弾…

    楽天モバイルは1月23日、2019年10月から提供しているMNOとしての先行…

  8. USB Type-CになったAndroidウォー…

    ソニーは、新型ウォークマン「NW-A100」をIFA 2019で発表しました…

PAGE TOP