• HOME
  • ニュース
  • Amazonが新型タブレット「Fire HD 8 Plus」を発売、ワイヤレス充電やShowモードに対応

Amazonが新型タブレット「Fire HD 8 Plus」を発売、ワイヤレス充電やShowモードに対応

Amazonは、Androidベースのオリジナルタブレット「Fire」シリーズの新機種を発表しました。今回発表されたのは、8インチの「Fire HD 8」と上位版の「Fire HD 8 Plus」の2機種。6月3日に発売予定で、Fire HD 8は9,980円(税込、以下同)から、Fire HD 8 Plusは11,980円からです。


いずれも1280×800の8インチ液晶を搭載し、CPUは2.0GHzクアッドコア。無印はメモリ2GB、Plusはメモリ3GBです。ストレージは32GBまたは64GBを選択できます。

大きさは約202×137×9.7mm、重さは約355g。動画視聴などにも適したDolby Atmos対応のステレオスピーカーを内蔵し、充電端子はUSB Type-Cです。ボディカラーは無印がブラック、ブルー、ホワイトの3色、Plusはスレートのみ。

従来のFireシリーズと同様にPlayストアには対応しませんが、Amazonアプリストアから各種主要サービスのアプリをダウンロードできます。


注目は「Fire HD 8 Plus」で、新たにワイヤレス充電に対応します。専用のワイヤレス充電スタンドが付属するモデルも用意され(14,980円)、スタンドに置くとスマートディスプレイ「Echo Show」シリーズのような使い方ができる「Showモード」に自動で切り替わります。

Showモード自体は従来機種にもアップデートで追加されていますが、スタンドを使った自動切り替えに対応したことで、1台でタブレット兼スマートディスプレイとして運用しやすくなりました。

「Fire HD 8 Plus」をAmazonで見る

筆者のひとこと
単なるタブレットとして考えると、Fireシリーズはスペックがいまいちで「手頃なコンテンツビューワー」程度に落ち着きがち。すでにLenovoなどが提案していたタブレット兼スマートディスプレイという一台二役の利用スタイルに対応したことで、新たな可能性が開けるのではないでしょうか。

関連記事