iPhone SE(第2世代)を楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)で使ってみた

2020年4月に発売された「iPhone SE(第2世代)」を購入しました。4.7インチの16:9液晶に少し懐かしさを感じつつ使っていますが、端末のレビューは追々書くとして、まずは試してみたかったことを。同じく2020年4月に本格スタートしたばかりの、楽天モバイル(MNO)のSIMで使ってみたいと思います。

動作確認済みだが一部機能は利用不可

用意したのはSIMフリー版iPhone SE(第2世代)と「Rakuten UN-LIMIT」契約のSIMカード。楽天モバイルはiPhoneを取り扱っているキャリアではありませんが、設定方法や動作確認情報(※SIMフリー版の一部機種)は公式サイトに載っています(※リンク)。


一応チェックしてみると、iPhone SE(第2世代)も動作確認済みでした。音声通話やデータ通信は可能ですが、一部利用できない機能があるようです。

ここには記載されていませんが、iPhoneだと「Rakuten Link」が使えないのも要注意。現状、Android向けアプリしか用意されておらず、iPhoneではLinkを使った無料通話ができない(通常の有料通話のみ)ということになります。また、データ容量などの各種情報を確認できる「my 楽天モバイル」アプリもAndroid版のみです。

iPhoneを楽天モバイル(MNO)で使うための設定手順


XS/XR以降のiPhoneを楽天モバイルで使う場合、物理SIM(nano SIM)とeSIMの2通りの方法が考えられますが、今回はeSIMは使わず通常のSIMカードで試してみました。

SIMカードを入れたら「設定」→「モバイル通信」を開き、「通信のオプション」の中にある「音声通話とデータ」を「LTE, VoLTEオン」にします。

ちなみに、その下の「データローミング」はあくまで国際ローミングの話のようで、オフのままでも楽天モバイルの国内ローミング(au網)は利用できました。

続いて、APN設定をします。APN設定は「設定」→「モバイル通信」→「モバイルデータ通信ネットワーク」から可能です。入力が必要なのは2ヶ所だけ。一番上のAPN欄と「インターネット共有」の下のAPN欄(こちらはテザリング時に使用します)に「rakuten.jp」と入力します。特に保存などの操作はなく、入力が済んだら「戻る」でOKです。

多少MVNOなどを使い慣れた方だと「iPhoneでAPNの手入力はできない」「代わりにAPN構成プロファイルをインストールする」と考えるかもしれませんが、これは半分正解で半分間違いです。確かにドコモ/au/ソフトバンク回線のSIMではAPN入力欄は表示されませんが、「iPhoneを取り扱っていないキャリア」の場合は手入力できます。かつてiPhone 5sが発売されるまでのドコモもそうでしたし、今の楽天モバイルもそうです。

従って、楽天モバイル(MNO)でiPhoneを使うためにわざわざプロファイルを作ったり、怪しげな配布物に手を出したりする必要はありません。iOSの構成プロファイルって、得体の知れない物をホイホイ入れるのは結構危ないですからね。

実際に使ってみた


実際にiPhone SE(第2世代)で楽天モバイル(MNO)を使ってみると、データ通信は楽天回線・au回線ともに問題なし。音声通話の発着信もOKですが、先述の通りiPhoneでは通話無料にならないので、音声通話を多用する人に適した使い方ではないでしょう。

SMSは楽天回線なら問題なく送受信できますが、au回線のローミング中は使えません。エリアマップ上は自社エリアになっていても実際に使うとローミングされる場所が多々ある以上、こちらもあまりアテにはできませんね。


細かい点ですが、キャリア設定アップデートの通知が毎日出てくるのはちょっと面倒(追記:全然出ないという人もいるようで、自社エリア・パートナーエリアも関係あるのかも?)。また、たまたまテスト中に地震でETWSが配信されましたが、公式の情報通り、やはりiPhone+楽天MNOの組み合わせでは受信できないようです。

あえてiPhoneで楽天モバイルを使うなら、実質データ専用SIMと思っておくぐらいがちょうどいいと思います。eSIMでサブ回線として入れておいて、楽天エリアなら無制限の無料データSIMとして使うには良いのではないでしょうか。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)を申し込む

eSIM対応、ノートPCに貼り付けられるLTEモデム「nect MODEM」がIndiegogoに登場

1台3役のジャンプスターター機能付きクリーナー「Jumpi」がKickstarterに登場

関連記事

  1. アラミド繊維を使った約11gの軽量ケース「Air…

    Galaxy S20用の保護ケース「Air Case for Galaxy …

  2. Galaxy S20シリーズのディスプレイを隠し…

    一般的なスマートフォンのディスプレイは60Hz駆動ですが、最近のハイエンドモ…

  3. 1kg以下でメモリ40GBの夢のモバイルノート!…

    年内最後のAmazonのビッグセール「サイバーマンデー」が終わりましたが、み…

  4. Mi Bandシリーズを“Miアカウントなし”で…

    安価で電池持ちも良いリストバンド型ウェアラブル端末として国内でも人気の「Mi…

  5. REALFORCE R2 PFU Limited Edition

    「REALFORCE R2 PFU Limite…

    「#わたしのブログ機材」という別の記事でも少し触れましたが、このブログの執筆…

  6. Pixel 3a

    「Android 10」配信開始!Pixel 3…

    9月3日(米国時間)に、Androidの新バージョン「Android 10」…

  7. クラウドファンディング発のスタイリッシュなスマホ…

    クラウドファンディングで支援していた「SleekStrip」というスマートフ…

  8. USB Type-C対応機器を持っているなら買っ…

    最近Amazonで見つけて「え、この値段でこんなの買えるの?」と思わずポチっ…

PAGE TOP