SIMフリースマホ「moto g8」「moto g8 power」4月28日発売

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「moto g8」「moto g8 power」を4月28日に発売します。g8は25,800円(税込、以下同)、g8 powerは32,800円です。


moto g8シリーズは、モトローラのミドルレンジ「moto g」ファミリーの第8世代です。国内では上位機種の「moto g8 plus」が先行して投入されています。

標準仕様のmoto g8は、Snapdragon 665にメモリ4GB、ストレージ64GB。6.4インチHD+(19:9)のディスプレイを搭載し、左上にパンチホール型でインカメラが埋め込まれています。バッテリー容量は4000mAh。カメラは約1600万画素(広角)+約800万画素(超広角・動画用)+約200万画素(マクロ)で、広角のメインカメラはレーザーAFに対応。マクロカメラは約2cmまで寄って撮影できます。OSはAndroid 10。


moto g8 powerは、moto g8をベースにバッテリーを5000mAhに拡張した派生機種です。約800万画素の望遠カメラも追加され、クアッドカメラとなります。

Source: シネックスジャパン(1), (2)

筆者のひとこと
無印、性能重視のplus、バッテリー特化のpowerという3機種のラインナップは1年前(g7シリーズ)と同じ。しかし、g8シリーズではSoCやメモリの仕様が横並びになり、画面サイズは縦横比の違いによるわずかな差しかなく、plusだけパンチホールではなく水滴型ノッチ、おまけにOSバージョンも無印やpowerに負けているという……ちょっとplusの存在価値が薄いですね。

「moto g8 plus」をAmazonで見る

海外版「Galaxy Fold」未使用品が20万円以下に。日本未発売のブラックも

ソフトバンクオンラインショップで「Webトクキャンペーン」、事務手数料分を割引

関連記事

  1. 「HONOR Play4T」海外発表、トリプルカ…

    ファーウェイのサブブランド「HONOR」は、ミドルレンジのAndroidスマ…

  2. SIMフリー版「AQUOS zero2」にAnd…

    シャープは、オープンマーケット向けに販売したSIMフリー版の「AQUOS z…

  3. auデータMAXプラン

    “データ容量上限なし”の新プラン「auデータMA…

    KDDIと沖縄セルラーは、スマートフォン向けの新プラン「auデータMAXプラ…

  4. ソフトバンクが「フジロック」で5Gプレサービス。…

    7月26日~28日に苗場スキー場(新潟県)で開催された「FUJI ROCK …

  5. ファーウェイ、Ryzen搭載ノートPC「Mate…

    ファーウェイ・ジャパンは、WindowsノートPC「MateBook D 1…

  6. OPPOのサブブランドRealmeから、6400…

    OPPOのサブブランドとして展開され、低価格帯の機種を中心にラインナップして…

  7. ケンジントンが親指トラックボール「Pro Fit…

    ケンジントンは、トラックボールの新製品「Pro Fit Ergo Verti…

  8. 中国向けのフォルダブルスマホ「Samsung W…

    サムスンは、中国電信向けのAndroidスマートフォン「Samsung W2…

PAGE TOP