J:COM MOBILEの解約金はいくらかかる?最低利用期間は?

J:COM MOBILEは、KDDI子会社のジュピターテレコムが運営しているドコモ・au回線のMVNOです。ケーブルテレビもやっている会社なので、他のサービスを使っていた流れで紹介されて、初めての格安スマホとして選ぶ方も多いのではないでしょうか。

料金体系が少し特殊なので、他社への乗り換えや解約を検討し始めると「あれ?解約金はいくらかかるんだ?」とネットで検索してみてもなかなか答えにたどり着けないかも。それぞれのケースによって異なるので契約書類などを見返すのが確実ですが、どうしても分からない場合もあると思います。この記事では、J:COM MOBILEの解約金についてケースごとに説明します。

SIMカードのみ/Dプランの場合


スマートフォンやタブレット本体をセットで購入せず、SIMカードのみで契約している場合は、ドコモ回線の「Dプラン」を利用中のはずです。

Dプランの場合、データ通信のみの契約なら最低利用期間や解約金はありません。音声通話ができる契約であれば、「サービス提供開始月の翌月から12ヶ月」の最低利用期間があります。

言い換えれば、音声SIMを12ヶ月以内に解約する場合のみ解約金がかかります。解約金は一律ではなく、最低利用期間の残り月数に応じて700円ずつ下がっていきます。すぐに解約した場合でも最大8,400円、残り月数がわずかなら1,400円や700円で済むケースもあるということです。

端末セット/Aプランの場合


一方、端末セットで購入した場合はau回線の「Aプラン」となります。こちらは2年契約で、自動更新なので25ヶ月目を過ぎると再び2年間の縛りが始まります。途中で解約する場合、3GB/10GB/20GBプランは8,500円、0.5GBプランは4,800円の契約解除料が発生します。

注意してほしいのは、これはあくまで回線の解約にかかる費用です。Aプランユーザーの方はスマートフォン本体を分割払いで購入しているケースが多いと思われ、J:COM MOBILEでは「48回払いで実質0円」のような売り方をしているので、途中で辞めると割引が無くなって本体代金の残債だけが残る可能性が高いです。

「解約しても毎月同じような値段を支払うなら、そのまま使っておけば良かった……」ということにならないように、Aプランの途中解約に関してはしっかり問い合わせをして疑問を解消しておくことをおすすめします。

Source: J:COM(1), (2), (3)

「@モバイルくん。」のデータSIMなら、クレジットカードなしでも格安SIMを利用可能

ハンディクリーナーにもなるロボット掃除機「HaierTAB」がIndiegogoに登場

関連記事

  1. 2019-2020冬モデルのスマホ6機種を買って…

    ここ数年の携帯各社のラインナップは夏モデルと冬モデルの二本柱、冬モデルを補完…

  2. U-mobile

    U-mobileの料金プランやサービス、メリット…

    「1ページでわかる!おすすめMVNOカタログ」は、主要MVNOの料金プランや…

  3. 楽天モバイル(MVNO)の新規契約は4月7日まで…

    2020年4月から自社回線の携帯電話サービスを本格的に開始する楽天モバイルで…

  4. LINEモバイル ID検索

    MVNOだとLINEのID検索ができない?解決で…

    「格安SIM一球勝負!」では、MVNOやサブブランドなどのいわゆる「格安SI…

  5. mineo

    mineoの料金プランやサービス、メリット・デメ…

    「1ページでわかる!おすすめMVNOカタログ」は、主要MVNOの料金プランや…

  6. 「AQUOS sense3」をシニア向けスマホと…

    ※記事中の画像は「AQUOS sense3 lite」を使用していますが、s…

  7. 楽天モバイルの国際通話かけ放題はどういう場合に必…

    楽天モバイル(MNO)の正式版料金プラン「Rakuten UN-LIMIT」…

  8. Y!mobileの「Libero S10」を買っ…

    Y!mobileから11月8日に発売された「Libero S10」(ZTE製…

PAGE TOP