「Hisense F50」海外発表、UNISOC製の5G対応SoCを搭載

中国のHisenseが、同社初の5G対応スマートフォン「Hisense F50」を発表しました。価格は2199元(約33,000円)です。


クアッドカメラに背面指紋センサー、前面は水滴型ノッチ付きの狭額縁設計。メモリ(RAM)は6GB、バッテリー容量は5010mAhです。一見平凡なミドルレンジモデルに見えますが、注目すべき点はUNISOC製の5G対応SoC「UNISOC T7510」を搭載する最初の機種だということです。

UNISOCは中国の国有半導体大手・紫光集団の一員で、元はSpreadtrumという名前のファブレス半導体企業でした。徹底的にコストカットした設計のローエンド~ミドルレンジ向けSoCを得意としており、Hisense F50の「5G対応で3万円」という値付けにも、UNISOC製SoCの効果は少なからず現れていると言えるでしょう。今後採用する中国系メーカーは増えてくるかもしれません。

Source: Weibo

iPhone SE(2020)はいくらで買える?ドコモ・au・ソフトバンク・SIMフリーの価格まとめ

ビックカメラで「Switch」抽選販売、21日朝から

関連記事

  1. MVNOにも同時期に5Gを――総務省がMNO3社…

    総務省は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社に「MVNOに対する5G…

  2. 「Mi Kids Watch 4」海外発表、LT…

    Xiaomiは、子供用のスマートウォッチ「Mi Kids Watch 4」「…

  3. 楽天モバイルで通信障害、「無料サポータープログラ…

    楽天モバイルは5月1日、通信障害の発生を同社Webサイトで公表しました。発生…

  4. ペン&キーボード対応の高性能タブレット「Gala…

    サムスンが新型Androidタブレット「Galaxy Tab S6」を海外で…

  5. GarminのGPSウォッチが「Suica」に対…

    ガーミンジャパンとJR東日本は、GarminのGPSウォッチで利用できる新サ…

  6. 楽天モバイルから「AQUOS R5G」(SH-R…

    楽天モバイルは、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS R5G…

  7. USB Type-CになったAndroidウォー…

    ソニーは、新型ウォークマン「NW-A100」をIFA 2019で発表しました…

  8. 楽天モバイルの海外ローミングは仏Orangeがサ…

    5000人限定の「無料サポータープログラム」という形でMNOとしてのサービス…

PAGE TOP