「@モバイルくん。」のデータSIMなら、クレジットカードなしでも格安SIMを利用可能

大手キャリアでは料金の支払い方法として銀行口座からの「口座振替」は当たり前のように選べますが、MVNO、格安SIMではその限りではありません。コストを限界まで削って安く提供しているMVNOにとって、ストレートに言えば「料金の取りっぱぐれ」は死活問題。クレジットカードでの支払いしか受け付けない会社がほとんどです。


しかし、根気良くさがせば、クレジットカードを持っていない・作れない・使いたくない人でも持てる格安SIMはまだあります。「@モバイルくん。」もそのひとつです。

音声SIMは2015年12月からクレジットカードのみの受付となりましたが、データSIMはその後も口座振替に対応し続けています。なお、デビットカードは音声・データともに利用不可です。

「@モバイルくん。」はドコモ回線のMVNOです。データSIMは3GB/5GB/7GB/10GB/12GBの5段階で、934円から。+120円でSMS機能も付けられます。口座振替必須の方にとっては貴重な選択肢となるでしょう。

▼@モバイルくん。の詳細はこちら

@モバイルくん。

LIBMOをわかりやすく解説!低速プランから大容量プランまで選べる格安SIM

J:COM MOBILEの解約金はいくらかかる?最低利用期間は?

関連記事

  1. iPhone SE(2020)はいくらで買える?…

    約2年半ぶりのTouch ID(指紋認証)搭載iPhoneとなる新型「iPh…

  2. 無効化できないAndroidアプリを無効化する方…

    新しいスマートフォンを購入したら、まず何をしますか?私の場合は、必要なアプリ…

  3. Xiaomiスマホの表示サイズを変更する方法

    価格破壊レベルのコストパフォーマンスで話題の格安スマホ「Redmi Note…

  4. Playストアから消えた「AnTuTu Benc…

    スマートフォン用のベンチマークアプリとして高い知名度と計測数を誇る「AnTu…

  5. Y!mobileの「HUAWEI P30 lit…

    Y!mobileから8月8日に発売された「HUAWEI P30 lite」(…

  6. ソフトバンクの「OPPO Reno3 5G」は中…

    ソフトバンクから5G対応スマートフォンとして発表された「OPPO Reno3…

  7. 「キックフライト」は高性能スマホじゃなくても遊べ…

    2月13日からサービス開始したAndroid/iOS向けの立体空中アクション…

  8. LINEモバイル

    LINEモバイルの料金プランやサービス、メリット…

    「1ページでわかる!おすすめMVNOカタログ」は、主要MVNOの料金プランや…

PAGE TOP