iPhone SEの「SE」ってどういう意味?

Appleは4月16日、「iPhone SE」(第2世代、2020年モデル)を発表しました。4.7インチ液晶ディスプレイを備えるiPhone 8と同等のボディーに、最新のiPhone 11シリーズと同じ「A13 Bionic」チップを搭載した改良版です。小型iPhone派やTouch ID(指紋認証)派にとっては待望の機種で、44,800円(税別)からという安さも魅力です。


この機種はiPhone 8の設計を受け継いだ後継機で、発表と同時にiPhone 8とiPhone 8 Plusがストアから消えました。いわば「iPhone 8s」的な存在なのですが、なぜ2代目「SE」を名乗っているのでしょうか。

初代iPhone SEといえば、2016年春に登場した最後の4インチiPhoneです。当時の最新機種・iPhone 6s並みの性能を2世代前のiPhone 5sから流用したボディーに詰め込むという低コストな手法で作られたものでした。その点、2020年のiPhone SEもiPhone 11の性能をiPhone 8のボディーに……という成り立ちはよく似ていますね。

2016年にも「SE」の意味についてはさまざまな推測が飛び交いましたが、すぐに明かされることはありませんでした。後に、Appleのフィリップ・W・シラー副社長が海外メディアによるインタビューの中で「Special Edition」という意味だと認めています。


では、4インチの2016年版SEや4.7インチの2020年版SEはどこがスペシャルだったのでしょうか。その作り方や価格帯からすれば、むしろスペシャルなことはないただの廉価版のようにも思えます。

これは憶測の域を出ませんが、初代の時なら「これからのiPhoneは4.7インチや5.5インチになるけれど、4インチのiPhoneを愛して続けてくれているファンのために特別に作ったよ」、2代目の今なら「これからは全画面の有機ELとFace IDだけど、ホームボタン付きの伝統のスタイルに思い入れがあるファンに」。本質的には、あくまで既存資産の寄せ集めで新興国市場やエントリーユーザーを獲得するための戦略的商材に過ぎないとしても、そんなメッセージも込めてあえて“lite”などの無味乾燥なネーミングではなく“Special”なのではないでしょうか。

Source: Apple

ソフトバンクオンラインショップ

iPhone SE(2020)はなぜ安い?

iPhone SE(2020)の前面は全色「ブラック」に。細かなデザインの変化を見る

関連記事

  1. 小型端末好きとしての原点――Xperia ray…

    ※この記事は、「思い出のガジェット Advent Calendar 2019…

  2. OPPOのスマホで「開発者オプション」を常用しに…

    「R11s」でOPPOが日本市場に参入してから約2年、私はR11s、R15 …

  3. ドコモのLTEサービス「Xi」開始から9周年、5…

    NTTドコモは、2010年12月24日にLTEサービス「Xi」(クロッシィ)…

  4. Galaxy S20で廃止された「デュアルアパチ…

    年々進化していくハイエンドスマートフォンの中でも、ここ数年はカメラ機能が特に…

  5. 4月8日に本格始動、楽天モバイルのMNO参入まで…

    2020年3月3日、楽天モバイルのMNOとしての正式サービス開始に向けて、「…

  6. 2010年代に使った携帯電話を思い出せるだけ思い…

    ※この記事は、「2010年代に使った携帯電話を振り返る Advent Cal…

  7. ポケベルも、iモードも。携帯電話業界の平成が終わ…

    2019年9月30日は、日本のモバイル史に残る2つの大きなサービスが幕を下ろ…

  8. ミニマルだけど意外と実用的、Androidホーム…

    たまには気分転換にAndroidスマホのホーム画面をリフレッシュしたい、でも…

PAGE TOP