• HOME
  • ガイド
  • iPhone SE(2020)のサイズはiPhone 8と同じ、ケースの使い回しが可能

iPhone SE(2020)のサイズはiPhone 8と同じ、ケースの使い回しが可能

Appleは4月16日、「iPhone SE」(第2世代、2020年モデル)を発表しました。4.7インチ液晶ディスプレイを備えるiPhone 8と同等のボディーに、最新のiPhone 11シリーズと同じ「A13 Bionic」チップを搭載した改良版です。小型iPhone派やTouch ID(指紋認証)派にとっては待望の機種で、44,800円(税別)からという安さも魅力です。


iPhone SE2やiPhone 9などの名前で登場が噂されてきたこの新型iPhoneは、2017年に発売されたiPhone 8のボディー設計を流用してコストを抑えつつ、最新のA13 Bionicを載せてスペックをアップグレードするという手法で作られています。


このため、寸法やカメラ、ボタンの位置はiPhone 8と一致します。公式サイトの比較表によれば、両機種ともに大きさは約138.4×67.3×7.3mm、重さは約148gです。

つまり、新機種といっても、iPhone 8からの買い替えであればこれまで使っていたケースを流用できるので、機種変更に伴う出費を抑えられます。8以外から買い替える人にとっても、「発売直後からケースの選択肢が豊富」というのはうれしい話ではないでしょうか。

Source: Apple

ソフトバンクオンラインショップ

関連記事