安いのは本体だけじゃない!新「iPhone SE」はAppleCare+も安かった

Appleは4月16日、「iPhone SE」(第2世代、2020年モデル)を発表しました。4.7インチ液晶ディスプレイを備えるiPhone 8と同等のボディーに、最新のiPhone 11シリーズと同じ「A13 Bionic」チップを搭載した改良版です。小型iPhone派やTouch ID(指紋認証)派にとっては待望の機種で、44,800円(税別)からという安さも魅力です。


安いのは本体代金だけではなく、保証サービス「AppleCare+」の価格設定にも注目。なんと8,800円(税別、以下同)です。iPhone 8(14,800円)より安いばかりか、4年前の旧iPhone SE(12,800円)よりも安いのです。世代を追うごとに性能・機能が進化して本体価格も上がり、修理保証も一緒に高くなるという流れがありましたが、今回は良心的な設定ですね。

AppleCare+に加入すると、保証とサポートが購入日から2年間に延長され、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを2回まで割引価格で受けられます。なお、10,800円のAppleCare+ 盗難・紛失プランを選択すると盗難などの際に交換用端末を有料で受け取れます。

修理代金は、画面の損傷なら1回につき3,400円、そのほかの損傷は1回につき11,800円。盗難・紛失時のサービス料は11,800円です。

Source: Apple

ソフトバンクオンラインショップ

新型「iPhone SE」の予約は17日から、キャリア版は20日

ファーウェイのNMカード(128GB)が楽天市場で3,278円

関連記事

  1. 新型iPhone SEに物理デュアルSIM対応モ…

    日本国内で販売されるiPhoneには、XS/XS Max/XRから「eSIM…

  2. iOS 13と「明るさ自動調節」の紛らわしい設定…

    知り合いが「iPhoneの画面の明るさの自動調節を切っても、自動調節で明るさ…

  3. 楽天モバイル+iPhoneで自社回線を掴んでいる…

    楽天モバイル(MNO)はiPhoneの販売や正式対応はしていませんが、「Ra…

  4. Pixel 3a

    Pixelのおサイフケータイ初期化方法

    Googleのスマートフォン「Pixel」シリーズが日本に上陸してから1年半…

  5. リモートワークや自宅学習の短期利用に最適、「DM…

    自宅に固定回線を引いていない人も少なくない昨今、リモートワークや自宅学習で突…

  6. 3月27日発売!ソフトバンクの「AQUOS R5…

    ソフトバンクの5Gサービス開始日となる3月27日に、対応スマートフォン第1弾…

  7. Windows 10の「スマホ同期」って何ができ…

    Windows 10の標準機能として搭載されている「スマホ同期」をご存知でし…

  8. IIJmioのeSIM申込方法(Android版…

    MVNOの「IIJmio」が2019年7月から提供している「IIJmio モ…

PAGE TOP