GarminのGPSウォッチが「Suica」に対応、Androidでも「腕時計で改札通過」が可能に

ガーミンジャパンとJR東日本は、GarminのGPSウォッチで利用できる新サービス「Garmin Pay Suica」を発表しました。AndroidスマートフォンまたはiPhoneと連携させた対応機種で、改札通過や自動販売機での支払いなどのSuica機能を利用できるようになります。開始時期は2020年5月下旬以降。


Garmin Pay Suicaは「Google Pay」を利用し、母艦となるスマートフォンはAndroidとiOSの両方に対応。「VÍVOACTIVE 4/4S」「VENU」やマーベルコラボの「LEGACY HERO」など、5月下旬以降に発売される12機種のGPSウォッチで利用できます。

Garmin Connect Mobileアプリや専用ページから支払い設定やチャージを行うと説明されていることや、公開されたスクリーンショットに「G Payで支払う」ボタンが見えていることから推測すると、Google Payに統合された非接触決済機能ではなく、単にチャージ時のオンライン決済手段としてのみGoogle Payを利用する形かと思われます。

Source: Garmin

筆者のひとこと
Garminはその成り立ちからしてスマートウォッチというよりはGPSウォッチ、アクティビティトラッカーだよ、ということだけは「Suicaが使えるから」と手を出す人に断っておくべきかなと思いますが、意外な形でAndroidでも「腕時計で改札」が叶いましたね。Wear OSも負けずに頑張って欲しいものです。

au「AQUOS sense3 basic SHV48」発表、メモリ容量や機能を減らした廉価版

有線でも使えるフルワイヤレスイヤホン「KPro01」の一般販売が決定

関連記事

  1. 「Essential Phone」のEssent…

    Androidスマートフォン「Essential Phone PH-1」で知…

  2. 通信量を気にせず遊べるMVNO「LinksMat…

    ドコモ回線のMVNO「LinksMate」を運営するLogicLinksは、…

  3. 「moto g8 power lite」海外発表…

    モトローラ・モビリティは、Androidスマートフォン「moto g8 po…

  4. Y!mobileが「スマホベーシックプランM」を…

    6月に予告されていた通り、7月1日からY!mobileの「スマホベーシックプ…

  5. LINEが「Facebookアカウント」を使った…

    コミュニケーションアプリ「LINE」の新規登録の手順が見直され、Facebo…

  6. 折りたたみスマホ「Galaxy Z Flip」に…

    2月11日(現地時間)に米国で発表された、サムスンの新型スマホ「Galaxy…

  7. 楽天モバイルのauローミングは2026年3月まで…

    10月から「無料サポータープログラム」の提供を開始した楽天モバイル(MNO)…

  8. au Online Shop、一括払いの受付を約…

    KDDIは、auの公式通販サイト「au Online Shop」で、受付停止…

PAGE TOP