• HOME
  • ニュース
  • au「AQUOS sense3 basic SHV48」発表、メモリ容量や機能を減らした廉価版

au「AQUOS sense3 basic SHV48」発表、メモリ容量や機能を減らした廉価版

KDDIと沖縄セルラーは、auの2020年夏モデルとして、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS sense3 basic SHV48」を6月中旬以降に発売します。


2019年秋冬モデルとして発売された「AQUOS sense3 SHV45」の廉価版で、基本設計は共通。変更点としては、メモリが4GB→3GB、ストレージが64GB→32GBとなり、FeliCa(おサイフケータイ)と指紋認証が省略されます。また、超広角カメラは非搭載で、シングルカメラ仕様となっています。出荷時のOSバージョンは変わらず、Android 9です。

なお、sense3の一部を省略したモデルは今回が初登場ではなく、ソフトバンクが法人向けモデルとして「AQUOS sense3 basic」を販売しているほか、ソフトウェアは異なるものの、ハード的にはワイモバイルの「Android One S7」もsense3 basic相当の仕様です。

ボディカラーはライトカッパー、シルバー、ブラックの3色。フロントパネルがボディカラーを問わずブラックで統一されているため、sense3のシルバー(シルバーホワイト)とは違った組み合わせです。

Source: KDDI

筆者のひとこと
価格ありきの機種だと思うので、価格が発表されるまでは評価しにくいですね。それにしても、総務省がユーザーの損にしかならない横槍ばかり入れていなければ、こんな物を出さなくてもsense3を普通に安く売れたと思うんですけどね……。

関連記事