• HOME
  • ガイド
  • 来客に一瞬でWi-Fiをシェアできる、Android 10の隠れた新機能

来客に一瞬でWi-Fiをシェアできる、Android 10の隠れた新機能

来客にWi-Fiのパスワードを教える、あるいは新しい端末をセットアップするとき、ホコリを被ったWi-Fiルーターを裏返したり、AOSS/WPSのボタンを押したりする必要はもうありません。Android 10には地味ながら便利な共有機能が追加されています。

その機能を使うには、まずは設定を開いて「ネットワークとインターネット」→「Wi-Fi」と進み、接続中のネットワークを選びます。なお、メーカーや機種によってはメニューの構成が違ったり機能自体が無かったりする場合もありますのでご了承ください。


ネットワークの詳細を開くと、見慣れない「共有」という青いアイコンが出ています。そう、スマートフォンで接続中のWi-Fiネットワークを、QRコードにしてシェアできるのです。

Galaxyシリーズなどでは以前からメーカー独自で実装されていた機能で、Android 10からOS標準の機能として取り入れられたものです。

「共有」をタップして生体認証(指紋認証や顔認証)を行うとQRコードが表示され、後はそのコードを他の端末で読み取るだけで接続できます。設定メニューの場所さえ一度覚えてしまえば、あっという間に新しい機器を自宅のWi-Fiに接続できるようになる便利な機能です。

関連記事