• HOME
  • 雑記
  • 【1日1冊Kindle日記】4/10「元刑務官が明かす刑務所のすべて」

【1日1冊Kindle日記】4/10「元刑務官が明かす刑務所のすべて」

「1日1冊Kindle日記」は、なんとなく暇でKindle Paperwhiteを買ってみた筆者が、「Kindle Unlimitedの3ヶ月無料権も付いてきたし、元取っちゃうぞ!」と無駄に意気込み、読んだ本を毎日記録していくだけのコーナーです。現在4日目。

今日読んだ本:元刑務官が明かす刑務所のすべて(文春文庫)

感想:あることないこと書かれているゴシップ本が多いテーマですが、これは少し毛色が違い、脚色の少ない情報で全体を把握できる本。ある意味、特定の層の読者には“実用書”に近いのかもしれません。条文などの引用が多いので、興味本位で読み物として見ていると読み飛ばす部分も多く、若干の読みにくさと物足りなさは感じるかも。2007年の刑事収容施設法改正後の本なので、比較的現状に近い内容と思われます。

「元刑務官が明かす刑務所のすべて」(文春文庫)をAmazonで見る

▼今日読んだ本はKindle Unlimited対象タイトルです(※執筆時点)。

関連記事