「HONOR Play4T」海外発表、トリプルカメラ搭載の上位モデルも

ファーウェイのサブブランド「HONOR」は、ミドルレンジのAndroidスマートフォン「HONOR Play4T」と「HONOR Play4T Pro」を中国で発表しました。Play4Tは1199元(約18,000円)、Play4T Proは1499元(約23,000円)です。


Play4TはKirin 710Aを搭載し、メモリ(RAM)は6GB、ストレージは128GB。ディスプレイは6.39インチ(19.5:9、HD+)で、インカメラはパンチホール型で左上に配置。約4800万画素+約200万画素のデュアルカメラを搭載します。バッテリー容量は4000mAhで、充電端子はmicro USB。ソフトウェアはAndroid 10ベースの「MagicUI 3.1」です。


上位機種のPlay4T Proは、Kirin 810に6GBまたは8GBのメモリ、128GBのストレージという構成。ディスプレイは6.3インチFHD+の有機ELで、インカメラは水滴型ノッチを設けて中央に配置されます。カメラは約4800万画素+約800万画素+約200万画素のトリプルカメラです。充電端子はUSB Type-Cにアップグレードされますが、ソフトウェアは1世代古いAndroid 9ベースの「MagicUI 2.1」です。

Source: HONOR(1), (2)

筆者のひとこと
同シリーズの上位モデルと廉価版というにはだいぶ隅から隅まで違う機種ですね。ところで、新機種投入のタイミングでHONOR分社化の情報が出てくるかと思いきや特に音沙汰なし……何か変わるんですかねー?

【1日1冊Kindle日記】4/9「[図解]トヨタの片づけ」

折りたたみスマホ「razr」に新色のゴールド登場、Verizonで販売開始

関連記事

  1. 有機ELに画面内指紋センサーを統合、Qualco…

    画面内指紋認証に対応するスマートフォンはハイエンドモデルを中心に珍しいもので…

  2. コカ・コーラの自動販売機がNFC決済に対応

    日本コカ・コーラ、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、Mastercard、ジェ…

  3. AUKEY、コンパクトなハイパワー充電器「Omn…

    AUKEY(オーキー)は、USB充電器「Omnia」シリーズを4月末から順次…

  4. フルワイヤレスイヤホン「Beoplay E8 3…

    Bang & Olufsenは、カジュアルブランド「Beoplay」の新製品…

  5. Android Go Editionを採用した「…

    レノボ・ジャパンは、Androidタブレット「Lenovo Tab M7」を…

  6. Royoleが新型フレキシブルディスプレイを発表…

    2018年11月、サムスンやファーウェイに先駆けてフォルダブルスマートフォン…

  7. ジャパネット限定のY!mobileスマホ「arr…

    ジャパネットたかたのみで販売されるY!mobile商品として、富士通コネクテ…

  8. au「Galaxy A41 SCV48」発表、H…

    KDDIと沖縄セルラーは、auの2020年夏モデルとして、サムスン製のAnd…

PAGE TOP