「Galaxy A51/A71 5G」海外発表、5G対応のミドルレンジモデル

サムスンは、Androidスマートフォン「Galaxy A51 5G」「Galaxy A71 5G」を海外で発表しました。


(Galaxy A51 5G)

両機種は5G対応のミドルレンジモデルで、A51 5Gは6.5インチ、A71 5Gは6.7インチSuper AMOLEDディスプレイを搭載します。インカメラ配置はパンチホール型の「Infinity-O」、背面のデザインは4G版のA51/A71に採用された特徴的な斜めのカラーパターンではなく、A90 5Gのような上下に分割された柄に。筐体寸法もわずかに異なります。


(Galaxy A71 5G)

カメラ構成は各機種で異なり、A51 5Gは4800万画素(広角)+1200万画素(超広角)+500万画素(マクロ)+500万画素(深度)、A71 5Gはメインの広角カメラが6400万画素です。4500mAhの大容量モデルも搭載し、5G対応機種だけあって、ミドルレンジとはいえ高速通信を生かしてゲームアプリを思う存分楽しむような使い方もアピール。ゲームブースター機能も搭載されます。

Source: サムスン

補足:「Exynos 980」搭載の可能性


4G版のA51は「Exynos 9611」、A71は「Snapdragon 730」を搭載していましたが、いずれも5G非対応のSoCなので5G版では別の物が採用されていると考えられます。

サムスンの慣例的な表記で具体的な型番は明かされず、“2.2GHzのオクタコアCPU”ということしか現時点では分かりませんが、ミドルレンジ向け5G対応SoCとしては主流の「Snapdragon 765G」は1+1+6コアで最大クロックが一致しません。

最大2.2GHz駆動のオクタコアで5G対応のミドルレンジ向けSoCというと、思い当たるのは「Exynos 980」。vivoの5Gスマートフォン数機種で採用されており、Exynosシリーズとしては珍しく「サムスン自身の機種に搭載されず外販だけされている」状態のSoCでしたが、ついに自社の搭載製品が登場するのかも。

「UMIDIGI S5 Pro」海外発表、Helio G90Tやポップアップカメラを搭載

「Xperia Ace」「Galaxy S10」など楽天モバイル対応スマホが最大50%ポイント還元、4/9 10時から

関連記事

  1. スマートウォッチ「Moto 360」が復活。ただ…

    Android Wear(現:Wear OS by Google)初期の名機…

  2. Galaxy A90 5G

    AシリーズなのにハイエンドSoCに5G対応?「G…

    サムスンは、新型スマートフォン「Galaxy A90 5G」を海外で正式発表…

  3. 5G moto mod

    Verizon向け「5G moto mod」がM…

    モトローラ・モビリティのAndroidスマートフォン、Moto Zシリーズの…

  4. 「HUAWEI P30 lite」のマイナーチェ…

    ファーウェイは、Androidスマートフォン「HUAWEI P30 lite…

  5. 「OPPO A12」海外発表、Helio P35…

    OPPOは、Androidスマートフォン「OPPO A12」を海外で発表しま…

  6. 楽天モバイル(MNO)の自社回線に対応する機種ま…

    10月から始まる「無料サポータープログラム」を皮切りに、MNOとしてのサービ…

  7. 大容量バッテリーのSIMフリースマホ「ZenFo…

    ASUS JAPANは、SIMフリースマートフォン「ZenFone Max(…

  8. Android向けATOKの上位版「ATOK f…

    ジャストシステムは、Android用IME「ATOK for Android…

PAGE TOP