「TCL 10 5G」海外発表、対応バンドにドコモとソフトバンクの表記

TCLは、Androidスマートフォン「TCL 10 5G」を発表しました。同社初の5G対応モデルとなります。欧州での価格は399ユーロ(約47,000円)。


以前はAlcatelやBlackBerryのブランドを借りて商品展開していたTCLですが、2019年の「TCL PLEX」を皮切りに自社ブランドスマートフォンの展開を本格化。テレビ事業で培った映像技術を生かし、ミドルレンジながら高品質なディスプレイで差別化した機種でした。今回のTCL 10 5Gにもその技術は継承され、「NXTVISION」機能を引き続き搭載します。


Qualcommの5Gモデム内蔵型SoC「Snapdragon 765G」を採用して5G通信に対応。6400万画素(広角)+800万画素(超広角)+500万画素(マクロ)+200万画素(深度)のクアッドカメラを搭載します。このほか、Snapdragon 665搭載の4Gミドルレンジ機「TCL 10L」も同時発表されました。

Source: TCL

筆者のひとこと
スペックシートに目を通すと少し気になることが。T790Hというモデルのバンド構成を見ると、Band 8に“SBM”、Band 19に“NTT”という表記があります。世界的に見てもドコモしか使っていないBand 19はともかく、Band 8はそこまでマイナーなバンドではないので、あえて日本市場を意識した注釈が付いているのはもしかして……?

Galaxy S20で廃止された「デュアルアパチャー」とはなんだったのか

Xiaomiの10周年記念モデル「Redmi Note 9S MFF 2020 Limited Edition」がETORENに登場

関連記事

  1. FOSSILの新型スマートウォッチ「Hybrid…

    FOSSILは、新型スマートウォッチ「Hybrid HR」を発表しました。ま…

  2. auデータMAXプラン

    “データ容量上限なし”の新プラン「auデータMA…

    KDDIと沖縄セルラーは、スマートフォン向けの新プラン「auデータMAXプラ…

  3. 「Cosmo Communicator」クラウド…

    Planet Computersは1月30日、キーボード付きAndroid端…

  4. 楽天モバイルがエリアマップを更新、横浜や千葉に拡…

    楽天モバイルは、「無料サポータープログラム」として先行提供中のMNOサービス…

  5. 楽天モバイル、2019年12月に起きた通信障害の…

    楽天モバイルは、2019年12月10日に発生した通信障害について、影響範囲や…

  6. 「y.u mobile」新規契約で22,500円…

    ヤマダ電機とU-NEXTの合弁会社が運営しているドコモ回線のMVNO「y.u…

  7. Pixel 4の目玉機能「Motion Sens…

    Googleは、2019年10月に発売した「Pixel 4」「Pixel 4…

  8. 楽天モバイル(MNO)で3時間近くの通信障害、「…

    楽天モバイルは、「無料サポータープログラム」として10月中旬から少数のユーザ…

PAGE TOP