「moto g8 power lite」海外発表、g8 powerの廉価版

モトローラ・モビリティは、Androidスマートフォン「moto g8 power lite」を海外で発表しました。まずはメキシコとドイツで発売され、中南米、ヨーロッパ、アジア地域のいくつかの国とオーストラリアで順次発売されます。価格は169ユーロ(約2万円)です。

ミドルレンジモデル「moto g」ファミリーの第8世代のうちの1機種で、同世代の機種としてはバッテリー特化の「g8 power」、上位モデルの「g8 plus」、スタイラスペン付きの「g stylus」などが発表されています。新たに登場したg8 power liteは、5000mAhの大容量バッテリーを搭載して電池持ちに特化させるというg8 powerと共通のコンセプトを持ちながら、スペックの変更などでコストカットした廉価版です。

画面は6.5インチHD+で、インカメラの配置はパンチホールから水滴型ノッチに変更。SoCはSnapdragon 665からHelio P35に変更され、メモリは4GB。カメラもトリプルカメラではあるものの、約1600万画素+約200万画素+約200万画素にダウングレードされています。ボディカラーは青系の2色展開で、紺色に近いRoyal Blueと明るいグラデーションのArctic Blueが用意されます。

Source: モトローラ

筆者のひとこと
g8シリーズも色々増えて難解になってきました。一見「powerでliteってどういうことやねん」と突っ込みたくなる名前ですが、g8 powerの最大の特徴である大容量バッテリーはそのまま、スペックを落とした機種ということで名前通りではありますね。電池持ち特化型の廉価モデルです。

「moto g8 plus」をAmazonで見る

「Redmi 8A Pro」海外発表、Redmi 8A Dualと同等のエントリーモデル

OnePlus 8シリーズにはスマートフォン史上最高クラスのディスプレイが搭載される?評価サイト「DisplayMate」のツイートに注目

関連記事

  1. Galaxy Foldでもしっかり全体に貼れる!…

    PDA時代からの画面保護フィルムの老舗・ミヤビックスから、Galaxy Fo…

  2. 「LIBMO」の30GBプランがリニューアル、「…

    TOKAIコミュニケーションズは、NTTドコモ網のMVNO「LIBMO」の3…

  3. LINEモバイル(ソフトバンク回線)のメンテナン…

    11月20日朝、月初から延期されていた「LINEモバイル」のシステムメンテナ…

  4. 「moto g8 plus」日本発売へ、Snap…

    モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMフリーのAndroidスマートフォ…

  5. 楽天モバイル、「Galaxy S10」「Gala…

    楽天モバイルは、サムスン製のAndroidスマートフォン「Galaxy S1…

  6. Amazonのスマートディスプレイに新サイズ、「…

    Amazonの音声アシスタント「Alexa」を搭載するスマートディスプレイ、…

  7. au Online Shop、一括払いの受付を約…

    KDDIは、auの公式通販サイト「au Online Shop」で、受付停止…

  8. 暗くても迷わず中身を探せる、多機能トートバッグ「…

    中身を探せるバッグ内LEDライトなど便利な機能を多数搭載したトートバッグ「N…

PAGE TOP