「OnePlus 8」シリーズのスペックの一部をCEOが公表

OnePlusのPete Lau CEOは、同社の公式コミュニティにおいて、4月14日に発表予定のスマートフォン「OnePlus 8」シリーズのスペックの一部を公表しました。

Pete氏の投稿によれば、OnePlus 8シリーズはQualcommの最新ハイエンドSoC「Snapdragon 865」を搭載し、メモリはLPDDR5、ストレージは最大1700MB/sのUFS 3.0を採用。メモリ、ストレージともに最新規格の採用による高速化が期待されます。ハードウェアに頼るばかりではなく、2016年に設立された「FSE(Fast, Smooth, Efficient)チーム」というシステムの最適化に特化したチームが、よりスムーズな動作の実現を目指して開発に取り組んでいるそうです。

このほかに判明しているOnePlus 8シリーズの情報としては、120Hz駆動のディスプレイを採用すること、5Gに対応することが明かされています。また、Pete氏の投稿はOnePlus 8 Proから投稿されており、7や7Tと同様に、OnePlus 8シリーズには通常モデルのほかに上位モデルの“Pro”が存在することも読み取れます。

Source: OnePlus

筆者のひとこと
直近の数世代はそこまでインパクトのある価格ではなかったものの、OnePlusのスマートフォンといえばハイスペックながら比較的安いイメージ。5G対応も含めてコストが上がりそうな仕様ですが、いくらぐらいになるんでしょうね~。

「OnePlus」のスマートフォンをETORENで探す

「Google Nest Mini」レビュー、壁掛けもできるようになったGoogle Home Mini後継機

「Echo Show 5」が2台セットで半額の9,980円、4/17まで

関連記事

  1. IIJmio eSIM

    IIJmio、国内初の「eSIM」サービスを開始…

    インターネットイニシアティブ(IIJ)が、個人向けのeSIMデータ通信サービ…

  2. 2013~2016年のAstroシリーズを持って…

    Ankerは、10月1日から「モバイルバッテリー買い替えキャンペーン」を開始…

  3. SIMフリースマホ「moto g8」「moto …

    モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMロックフリーのAndroidスマー…

  4. 楽天モバイル(MNO)が本格サービス開始、自社エ…

    楽天モバイルは4月8日、2019年10月から先行提供してきたMNOとしての携…

  5. G-Callのソフトバンク回線ルーター、新規受付…

    以前ご紹介した、ソフトバンク回線のデータ通信サービス「G-Call使い放題W…

  6. 約2週間の電池持ち、スマートウォッチ「HUAWE…

    ファーウェイは、スマートウォッチ「HUAWEI Watch GT2e」を4月…

  7. ドコモパシフィック、日本のドコモより先に5G商用…

    NTTドコモの子会社でグアムや北マリアナ諸島で携帯電話サービスを提供している…

  8. コンセントに直接挿せるモバイルバッテリー「Ank…

    アンカー・ジャパンは、モバイルバッテリーの新製品「Anker PowerCo…

PAGE TOP