Royoleが新型フレキシブルディスプレイを発表、「FlexPai 2」に搭載へ

2018年11月、サムスンやファーウェイに先駆けてフォルダブルスマートフォン「FlexPai」を発表したRoyoleというメーカーを覚えているでしょうか。同社は3月25日、第3世代「Cicada Wing」フルフレキシブルディスプレイ(FFD)を発表しました。


前世代(FlexPaiに搭載された第2世代Cicada Wing)から画面輝度を50%向上。コントラスト、色域、応答速度も改善し、より実用的な性能に近付きます。耐久性も高めて20万回の折り曲げが可能になり、最小曲げ半径は1mmということで、仮にFlexPaiとは逆の“谷折り”でも、ほぼ隙間なく折りたためるような端末の開発が可能になりそうです。

Royoleの事業の主軸はFlexPaiのようにエンドユーザーの手に渡る最終製品を作ることではありません。同社はFFDの開発を通じてルイ・ヴィトン、エアバス、チャイナモバイル、トヨタ、PSAなどの世界の大企業と取引しています。たとえば、トヨタが東京モーターショー2019でコンセプトカー「LQ」を披露した際にも、展示の一部にRoyoleのFFDが使われました。

そして、第3世代Cicada Wingの発表とあわせて、ZTEとの提携も発表。フレキシブルディスプレイ搭載スマートフォンとそれを活かした革新的なスマートフォンアプリの開発に取り組んでいくとのこと。


第3世代Cicada Wingを搭載する最初の製品として「FlexPai 2」の登場も予告されています。詳細は明かされていませんが、7.8インチのディスプレイと最先端のSoCを搭載し、ヒンジも改良。2020年Q2に発売予定です。

Source: Royole

筆者のひとこと
「フォルダブルスマートフォンを作っているメーカー」として見ると目立つ存在ではありませんが、実際にはFlexPaiは広告塔のようなもので、フレキシブルディスプレイ自体の技術を持つメーカーとして着実に力を付けているようですね。ZTE×Royoleのフォルダブルスマホも楽しみです。

最大2TBのSSD内蔵USBハブ「HybridDrive」がIndiegogoに登場

「DTI SIM」で通信障害発生、3/26 1時頃から

関連記事

  1. 通信量を気にせず遊べるMVNO「LinksMat…

    ドコモ回線のMVNO「LinksMate」を運営するLogicLinksは、…

  2. 海外版「Galaxy A41」発表、ドコモ版から…

    サムスンは、ミドルレンジのAndroidスマートフォン「Galaxy A41…

  3. 「ワイモバ学割」11月29日開始、18歳以下と家…

    ソフトバンクとウィルコム沖縄は、Y!mobileの2019年冬~2020年春…

  4. ついに「Galaxy Fold」が発売。9月6日…

    Galaxy S10シリーズなどとともに、2019年春に発表されたサムスンの…

  5. 「Axon 11」海外発表、ZTEの5G対応ミド…

    ZTEは、Androidスマートフォン「Axon 11」を中国で発表しました…

  6. ベルギーのProximusが5G開始、2100M…

    ベルギーの携帯キャリア・Proximusは、4月1日に5G通信サービスの提供…

  7. 「d払い」アプリ内で吉野家の事前注文が可能に、開…

    NTTドコモは、決済アプリ「d払い」内でさまざまなパートナー企業のサービスを…

  8. 韓国SK TelecomがMVNO向けに5Gサー…

    韓国の最大手携帯キャリア・SK Telecomが、MVNO向けに5Gサービス…

PAGE TOP