「Redmi K30 Pro」海外発表、光学3倍+デジタル30倍の望遠対応モデルも

Xiaomiは、Androidスマートフォン「Redmi K30 Pro」を発表しました。カメラ構成が異なる「Redmi K30 Pro Zoom」も同時発表されました。


Redmi K30 Proは、Snapdragon 865を搭載する5G(SA/NSA)対応のハイスペックモデルです。メモリ(RAM)は6GB/8GB、内部ストレージは128GB/256GB。6.67インチFHD+の有機ELディスプレイを搭載し、画面内指紋認証に対応します。バッテリーは4700mAh。Android 10ベースの「MIUI 11」がインストールされます。大きさは約163.3×75.4×8.9mm、重さは約218g。


通常版のカメラは約6400万画素(広角)+約1300万画素(超広角)+約500万画素(換算50mm相当のマクロ)+深度測定用の4眼構成。ズーム版では50mmマクロの代わりに800万画素の望遠用カメラが加わります。インカメラはどちらも使用時だけ展開されるポップアップ式で、ノッチやパンチホールを設けず画面占有率を高めています。

Source: Xiaomi

筆者のひとこと
これで2999元~3999元(約47,000円~63,000円)という安さは強烈ですね。ズーム版、これぐらいなら通常モデルに載せちゃえばいいのに……という気はしますが、それだけ最小構成での価格をインパクトの強いものにしたかったのでしょう。

「Galaxy A31」海外発表、クアッドカメラ搭載のミドルレンジモデル

iPad(第7世代)にもトラックパッドを付けられる「Logicool Combo Touch Keyboard」5月発売

関連記事

  1. 楽天モバイルの海外ローミングは仏Orangeがサ…

    5000人限定の「無料サポータープログラム」という形でMNOとしてのサービス…

  2. mineo、2月11日に発生した通信障害の原因を…

    オプテージは3月11日、MVNOサービス「mineo」で2月11日に発生した…

  3. 360度カメラも1インチセンサーも選べるモジュー…

    アクションカメラや360度カメラを専門とするInsta360が、モジュール式…

  4. クアッドカメラ搭載の5G対応スマホ「OPPO R…

    OPPOは、Androidスマートフォン「OPPO Reno3 Pro」を中…

  5. Y!mobileの「Libero S10」に新色…

    ソフトバンクとウィルコム沖縄は、Y!mobileの2019年冬モデル「Lib…

  6. ドコモの「ケータイ補償サービス」で店頭交換が可能…

    スマートフォン・携帯電話が故障、紛失などのトラブルに遭った際に、(原則)同一…

  7. 実質“Xperia 1 Compact”のような…

    ソニーモバイルの新型スマートフォン「Xperia 5」がIFA 2019で発…

  8. 「au 5G」対応スマホ7機種が登場、OPPOや…

    KDDIは、5G商用サービス「au 5G」を3月26日に開始すると発表。対応…

PAGE TOP