acure madeの新商品「天然水ゼリー」と「贅沢バニラミルク 抹茶」を買ってみた

JR東日本の駅などに設置される「acure」の自動販売機には、「acure made」というオリジナルブランドの商品も入っています。こだわりのりんごジュースや、オリジナル茶「朝の茶事」などです。今回は、新商品の「贅沢バニラミルク 抹茶」と「From AQUA 天然水ゼリーラムネ風味」を買って飲んでみたので感想をお伝えします。

贅沢バニラミルク 抹茶


acureのオリジナル商品の中でも知名度の高い「贅沢バニラミルク」シリーズは、ざっくり言えば「ソフトクリームを溶かしたやつ」です。甘ったるくて濃厚。2019年秋にローソンなどで販売された「町村農場 飲むソフトクリーム」や2020年4月発売予定の「ソフトクリームのめちゃいました」(森永乳業)がSNSで話題になりましたが、贅沢バニラミルクの第1弾は2016年3月発売なので、acureは3年以上先を行っていたのです。

さて、この抹茶味は3月17日からの新商品。しかし、何度も自販機の前を通っていたのに「天然水ゼリー」を探しに行くまで1週間も気付きませんでした。なんというか……ソフトクリームの抹茶部分が背景の草原に溶け込んでいたり、文字の色使いが過去にあったチョコレート風味にそっくりだったり……存在感が薄いんですよね……。

飲んでみた感想としては、抹茶の香りとかすかな苦味でミルク部分のくどさがほどよく緩和されるので、このシリーズの中ではダントツで飲みやすいと思います。どこか抵抗を感じていた方、入門用としてぜひ。

From AQUA 天然水ゼリーラムネ風味


お次は気になる「From AQUA 天然水ゼリーラムネ風味」。ほかのゼリー飲料と同じように振って崩してから飲みますが、目安回数が書かれていません。崩れにくいので10回以上?

谷川連峰の天然水(From AQUAと同じ)をゼリーにしたもので、「ラムネ風味」とある通り、無味ではありません。一般的なゼリー飲料ほど甘ったるくはありませんが、天然水ゼリーというワードに釣られて買うと「なんだ普通じゃん」と思うかも。ちょっとネーミング先行な感じですね。しかし、食感に個性があるのでただのゼリーというわけではありません。

最初はプルプルした食感があるのですが口の中でスッと消えていく不思議な感覚。水信玄餅みたいなイメージですかね。「小腹を満たす」商品だそうで、喉がうるおうかと言えばうるおわないと思います。リピートはしないまでも、ちょっと面白い。ぜひ一度買ってみてください。

関連記事