IIJmioのeSIM正式プラン「データプラン ゼロ」登場。使わない月は150円、再発行は無料に

日本のMVNOとしてはいち早くeSIM対応のデータ通信サービス開始したIIJmio。2019年7月から提供されてきたプランは「データ通信専用SIM eSIMプラン(ベータ版)」というものですが、2020年3月19日からはついに“ベータ版”ではない正式版の「データプラン ゼロ」が提供されます。

この記事では、新プランの料金や特徴を整理してお伝えします。使い方にもよりますが、ベータ版ユーザーとしての個人的感想を述べるなら、「なんとかして欲しい!」と思っていた部分が改善されて、だいぶeSIMらしい使い方ができるようになった魅力的なプランだと思います。

新プラン「データプラン ゼロ」の料金

データプラン ゼロの基本料金は月額150円(税別、以下同)。この基本料金はあくまで通信しなかった月の料金で、+300円で1GB、以降1GBごとに450円で追加できます。実際に使う月の料金は450円~ということですね。

その他の費用としては、初期費用が3,000円、SIM発行手数料が200円かかります。ユニバーサルサービス料はかからないということで、おそらく020番号の発番と思われます(SMSなしなのであまり関係ありませんが)。

新プランの注意点

メリットも多い新プランですが、注意点もいくつかあります。まず、1GBごとの手動チャージが必要なのは数GB利用したい人には面倒だと思います。ただ、チャージ料金自体は良心的な設定なので、手間を気にしなければ何度かチャージしても妥当な料金で済むでしょう。

チャージしたデータ(クーポン)は繰り越せないので、月末までに使い切れる量以上にチャージしてしまわないよう注意。容量を使い切った場合は速度制限ではなく通信不可なので、ギリギリで容量が足りなくなった時はちょっと悩みそうですね。

ちなみに、ベータ版プランを利用中の場合は正式プランへの移行は必須ではありません。3月19日以降はベータ版も再発行手数料が無料なので、使わない月(低額で維持したい月)がない人や毎月6GB近く使っている人はそのままにしておいた方がお得でしょう。

新プランの特徴①:「使わない月は低額で維持」でeSIMのメリットが浮かび上がる

SIMカードの配送を待たず、必要な時に申し込んですぐ使えるというのがeSIMの大きなメリットのひとつです。ベータ版では月6GB固定だったので柔軟な運用がしにくかったのですが、データプラン ゼロなら使わない月は150円で維持できるので、メイン回線の容量を使い切ってしまった時や通信障害が起きた時、普段使っている回線が圏外の場所に出かける時など、必要なときだけデータ容量を買って使うという運用がしやすくなりました。

新プランの特徴②:複数台利用では悩みの種だった「再発行手数料」が0円に

通常のSIMカードなら再発行をするのは紛失した時、サイズを変えたい時、何年も使って読み込めなくなった時くらいですが、eSIMのアクティベーションコードは使い捨てなので他の端末に移し替える度に再発行が必要になります。あるいは、不調でeSIMプロファイルを入れ直すというケースもあるでしょう。

これまではキャンペーン期間以外は再発行手数料が2,000円かかっていたので、複数台持ちにとっては厳しい、そうでなくても端末の不調や相性問題でたびたび手数料を払うはめになる可能性があるという上級者向けの仕様でした。ベータ版ユーザーの声を受けて再発行手数料が廃止され、使い勝手が改善されました。

まとめ


IIJmioの正式版eSIMサービス「データプラン ゼロ」は、使わない月は150円、使う月も450円~と低価格。iPhone 11シリーズやPixel 4などのeSIM対応機にひとまず入れておいて、メインのSIMのデータ容量を使い切った時、通信できない時のための手頃な予備回線として持っておくのがおすすめです。再発行手数料の廃止など、細かい部分の使い勝手もベータ版提供時より改善されています。

IIJmio eSIM公式ページ

“詐欺広告”の中にしか存在しなかったパズルでついに遊べる!夢のゲームアプリ「Hero Rescue」がPlayストアに登場

Galaxy Z Flip(海外版)に楽天モバイルのSIMを入れると……?

関連記事

  1. これは便利!Windows版Chromeからスマ…

    いつ頃のバージョンからかは分かりませんが、最近、Windows版のGoogl…

  2. UQ mobileの「AQUOS sense3」…

    UQ mobileから2019年11月8日に発売された「AQUOS sens…

  3. Y!mobileの「HUAWEI P30 lit…

    Y!mobileから8月8日に発売された「HUAWEI P30 lite」(…

  4. Y!mobileの「Xperia 8」を買ったら…

    Y!mobileから10月25日に発売された「Xperia 8」(ソニーモバ…

  5. 「+メッセージ」から通常のSMSアプリに戻す方法…

    2020年現在、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアから発売されるAndr…

  6. 楽天モバイル(MNO)のAPN設定

    4月8日からMNOとしての携帯電話サービスを開始した楽天モバイル。2019年…

  7. Xiaomiスマホでドロワーを使いたい人におすす…

    「Redmi Note 9S」などコストパフォーマンスに優れた機種が続々と上…

  8. 「Galaxy A20」関連記事まとめ【動画付き…

    ドコモ、au、UQ mobileの冬モデルとして発売された「Galaxy A…

PAGE TOP