mineo、2月11日に発生した通信障害の原因を報告

オプテージは3月11日、MVNOサービス「mineo」で2月11日に発生した通信障害の詳細を発表しました。

2月11日19時34分頃~2月12日1時30分頃(Aプランは0時30分頃)に発生したもので、影響した回線数はAプランで最大約29万件、DプランとSプランの合計で最大約50万件。データ通信ができず、Aプランの一部(“特定SIMで一部機種をお使いのお客さま”と表現)では音声通話も一時できない状態となっていました。


発生時刻や影響回線数は2月12日に発表済で、1ヶ月が経過した今回の発表では事故原因を公表。きっかけとなったのは、MNOのコアネットワークと接続するmineo側の設備であるPGW(パケット中継装置)で、偶発的な異常が2件同時に発生したことにより一部ユーザーとの接続が切断。これに伴って契約者情報を管理するサーバーへの再接続要求が大量発生し、処理が輻輳したことによるものだったとのことです。

Source: オプテージ

筆者のひとこと
影響範囲の広さによるところもあるでしょうが、比較的詳細に報告されています。事故発生の少し前、1月末の新サービス発表会資料(ブログ経由で参照可能)にある契約数のグラフと照らし合わせると、(文字が被っていて正確な数は読み取れませんが)DプランとSプランの影響範囲はほぼ全回線と思われます。これに対して、Aプラン(推定60万回線程度)は半分ほどに影響があったようです。

Source: 公式ブログ

関連記事