• HOME
  • ガイド
  • 「SoftBank 5G」対応スマホは4機種、サービス開始日から使えるのはAQUOSとZTE

「SoftBank 5G」対応スマホは4機種、サービス開始日から使えるのはAQUOSとZTE

3月27日から始まる「SoftBank 5G」、その対応機種第1弾となるスマートフォン4機種が3月5日に発表されました。「AQUOS R5G」(シャープ)、「Axon 10 Pro 5G」(ZTE)、「V60 ThinQ 5G」(LG)、「Reno3 5G」(OPPO)が順次発売されます。

サービス開始日から使えるのは2機種


4機種のうち、サービス開始日の3月27日に購入できるのはAQUOS R5GとAxon 10 Pro 5Gの2機種。AQUOS R5Gは129,600円、Axon 10 Pro 5Gは89,280円です。

AQUOS R5Gは6.5インチWQHD+で10億色表示の「Pro IGZO」液晶を搭載。カメラは4眼で8K動画の撮影にも対応します。Snapdragon 865とシリーズ最大の12GBメモリを搭載し、放熱にも配慮した設計としています。

Axon 10 Pro 5Gは同名の海外モデルとはスペックが違い、Snapdragon 865を搭載しています。「Axon 10s Pro 5G」に相当するようです。6.4インチの有機ELディスプレイに4000mAhバッテリー、約4800万画素+約2000万画素+約800万画素のトリプルカメラを搭載します。

どちらもミリ波には対応しないSub6のみの5G対応で、5Gエリアでの通信速度は下り最大2.0Gbps、上り最大103Mbpsで同等です。

基本性能やサイズは似ていて、8K録画や防水、おサイフケータイなどの付加機能を必要としないのであれば、4万円近い差額を考えると「Axon 10 Pro 5G」の方がコストパフォーマンスは良さそうですね。

1ヶ月待てば2画面スマホも選べるという悩ましい選択


どうしても初日の5Gを体感することにこだわるならAQUOS R5GとAxon 10 Pro 5Gの2択ですが、1ヶ月だけ待てるなら4月末発売の「V60 ThinQ 5G」も魅力的。「G8X ThinQ」に続くLGのソフトバンク向け2画面スマホ第2弾です。

5G開始に合わせた新サービス「5G LAB」のうち、多視点映像を楽しめる「FR SQUARE」などでは2画面に最適化されたUIが用意されるようで、最新サービスをフルに体験できる機種と言えるかもしれません。3月27日にSoftBank 5Gを使える場所はごくわずかですし、1ヶ月待ってより良い体験を選ぶのもありではないでしょうか。

ソフトバンクオンラインショップ

関連記事