ソフトバンクの「OPPO Reno3 5G」は中国版「Reno3 Pro」相当の機種

ソフトバンクから5G対応スマートフォンとして発表された「OPPO Reno3 5G」。発売は7月下旬と少し先ですが、OPPO初のソフトバンク向けモデルです。ところでこの機種、名前通りなら「Reno3」の日本版……と思いきや、実は違います。

ソフトバンク版「Reno3 5G」のベース機種は?


Reno3シリーズは2019年末に発表されました。最初に発表された中国向けのラインナップは、MediaTekの「Dimensity 1000」を搭載するReno3、Qualcommの「Snapdragon 765G」を搭載する上位機種のReno3 Proの2機種でした。

ソフトバンクのReno3 5Gは、画面占有率約93.4%の6.55インチ有機ELディスプレイにクアッドカメラ、4025mAhのバッテリーを搭載。そしてSoCはSnapdragon 765Gです。そう、ハードウェアの仕様は中国版Reno3 Proと一致します。また、オッポジャパンの公式TwitterでもReno3 Proと同等であることが明かされています。

あえてProと付けていない理由はいくつか考えられますが、「Proじゃない方を日本で出す予定がないから」なのか、「別のモデルをProとして出すから」なのか……。ちょっとややこしいですよね。

ややこしい2種類の「Reno3 Pro」


余談ですが、Reno3シリーズの名前がややこしいのはこれに限ったことではありません。「Reno3を名乗っているけれど実はReno3 Pro」なソフトバンク版とは別に、「同じReno3 Proを名乗る別機種」も存在します。

OPPOのグローバルサイトに掲載されている「Reno3 Pro」は、MediaTekの「Helio P95」を搭載するLTE端末です。外観にも違いがあり、フラットディスプレイに2つのインカメラが搭載されています。インドなどではこちらがReno3 Proとして販売されているようです。

Source: ソフトバンク, OPPO

ソフトバンクオンラインショップ

「SoftBank 5G」対応スマホは4機種、サービス開始日から使えるのはAQUOSとZTE

ソフトバンクの5G料金は「4G+1000円」、8月末までに加入なら2年間無料

関連記事

  1. 楽天モバイル(MNO)の端末保証はいくらかかる?…

    4月から本格始動した楽天モバイルのMNOサービス。利用するには楽天の自社回線…

  2. UQ mobile

    UQ mobileの料金プランやサービス、メリッ…

    「1ページでわかる!おすすめMVNOカタログ」は、主要MVNOの料金プランや…

  3. UQ mobileの「HUAWEI nova l…

    UQ mobileから発売中の「HUAWEI nova lite 3」(ファ…

  4. Windows 10の「スマホ同期」って何ができ…

    Windows 10の標準機能として搭載されている「スマホ同期」をご存知でし…

  5. 「OPPO Reno A」と「OPPO Reno…

    2019年10月に発売され、価格と性能のバランスの良さに加えて、おサイフケー…

  6. Kindleの左上に表示される名前を変更する方法…

    Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」シリーズを購入して初期設定を済…

  7. J:COM MOBILEをわかりやすく解説!Ga…

    ケーブルテレビでおなじみのJ:COMは、「J:COM MOBILE」という格…

  8. 「AQUOS sense3」をシニア向けスマホと…

    ※記事中の画像は「AQUOS sense3 lite」を使用していますが、s…

PAGE TOP