• HOME
  • ガイド
  • ソフトバンクの5G料金は「4G+1000円」、8月末までに加入なら2年間無料

ソフトバンクの5G料金は「4G+1000円」、8月末までに加入なら2年間無料

3月27日から始まるソフトバンクの5G商用サービス「SoftBank 5G」。通信方式が変われば料金プランも一新されるのが常ですが、今回は少し事情が違います。

ソフトバンクの5G料金は「4G+1000円」

SoftBank 5Gの開始に合わせて新たな料金プランは用意されず、既存の4G契約のプランに「5G基本料」を追加することで5Gを利用できるという料金体系になりました。

対象の料金プランは「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」「スマホデビュープラン」「データシェアプラン」。4G向けのプランならなんでも5G基本料を追加できるわけではなく、現行プランだけが対象。たとえばホワイトプランのまま5Gに移行することはできません。

聞き馴染みのない人も多いであろう「メリハリプラン」とは2月末に発表されたスマートフォン用のプランで、簡単に言えばウルトラギガモンスター+などの「50GB+動画・SNSカウントフリー」はそのままに、使わなかった月は自動で値下げされる仕組みを追加したものです。

現状ではソフトバンクの5G対応端末はスマートフォンだけですが、主にタブレットやルーター向けのプランであるデータシェアプランがすでに対象に入っているあたり、今後のラインナップ拡充には期待できそうです。細かいことを言えば「5G対応機種で5G基本料を拒否して4Gで使う」ということもできるのかはちょっと気になるところ。

8月末までに加入なら2年間無料


8月31日までに5Gスマートフォンを新規・MNP・機種変更などで購入した場合、「5G無料キャンペーン」が自動適用されます。これにより、2年間は5G基本料がかからず、4Gスマートフォンと同等の料金で使えます。

YouTube Liveなどで配信された発表会での説明によれば、現状では全国の大多数のユーザーがメリットを得られるような状況ではないことからこのような形になったようです。今後のエリア整備の状況を見ながら5G向けの無制限プランなどを出していくのかもしれませんね。

ソフトバンクオンラインショップ

関連記事